人気ブログランキング |

ビーツの薔薇

色彩の乏しい冬の食卓を派手にしたい時、ビーツは活躍してくれます。 バレンタインなど近づいたら、取り敢えずビーツを茹でておく。
e0177330_6123015.jpg

出来れば葉付を買って、茎を少し残したまま切って、このまま茹でます。 串が通れば出来上がり。
e0177330_6141361.jpg

茹だると皮がつるりと剥けます。 これを極、薄くスライスしておく。 こういう赤紫の野菜はヴィネガーを少々振っておくと色が冴えます。
e0177330_6174915.jpg

これはIKEAで買った小さいグラス。 土台としてポテトサラダを。 ジャガイモのサラダとビーツは味の相性が良いです。 クレソンでちょっと葉っぱの雰囲気を。

ここへ薄切りのビーツを何枚か巻き込んだものを差して固定させます。
e0177330_6204339.jpg

最後に小さめのビーツをくるくるっと細く巻いて、花芯にすると薔薇風に。
e0177330_6223862.jpg

茹でたビーツは細工がしやすいので、案外簡単ですからお試し下さい。 
by noreservation | 2013-02-16 06:24 | cuisine
<< ビーツのラヴィオリ バレンタインデーの食卓♡ >>