Flat Iron Steak 牛肩肉のステーキ

フラットアイロンは厚みがないので、家庭でもフライパンで比較的失敗無く焼ける部位だと思います。 リブ程ではありませんが、刺しの綺麗に入っているのを選ぶとそれなりに柔らかく、肉らしくて美味しい部位!
e0177330_11252950.jpg

お肉屋さんはスーパーで、出来るだけ厚みが均一なものを選ぶと焼きやすいです。
e0177330_11264963.jpg

この部位は冷蔵庫で一晩マリネすると美味しいと思います。 オリーブオイル少々とニンニクの砕いたもの、ローリエなどハーブ類とレモンの皮。 塩だけは焼く直前に。
e0177330_11291130.jpg

この位の厚みでしたら、フライパンだけで充分。 肉はやく45分前には室温に出しておくのがコツ。
e0177330_11302213.jpg
 
フラットアイロンは肉の繊維に対して垂直に包丁を入れると頂きやすいです。 このままで充分美味しいのですが.......
e0177330_11363746.jpg

牛のステーキというのは意外とレモン塩と合います。 これはレモンの皮と粗塩を混ぜただけのもの。
e0177330_11381560.jpg

もうひとつ、ステーキにパルミジャーノレジャーノの出来れば2年ものなどをほんの少し振ると、旨味が上がります。 
[PR]
by noreservation | 2014-10-23 11:40 | cuisine | Comments(0)
<< コンコルド種の葡萄のジュース フレンチトースト >>