初夏のお寿司 鰻とキュウリのちらし寿司

鰻のお値段の変遷というのは隔世の感というか....私が東京に済んでいた頃でも決してお安いものではないけれど、かといってそう敷居の高いものでもありませんでした。 ニューヨークへ移って以降も、日系の食材店で台湾産の冷凍のそれは大きいのが$6−7というところ、そのままで美味しいモノではありませんでしたが。 今はその2倍くらい、
e0177330_2139950.jpg

トロントで手に入るのはこの程度、このまま温めても美味しくありませんので、私は水で表面をさっと流してから切り分けて、生姜の輪切り、日本酒、お醤油と味醂少々で煮なおします。 今日はお寿司に!
e0177330_21433421.jpg

酢飯にして、具材は椎茸の含め煮(みじん切り)、白胡麻、水にさらした千切り生姜、薄切りにして塩揉み、水気をしっかり切ったキュウリ。 鰻は一部は混ぜ込んで、一部は屋根葺き用に。
e0177330_21514427.jpg

錦糸卵を散らして出来上がりです♪
e0177330_21533298.jpg

木の芽ですが、これは主人の実家の庭の木から頂いてきたもの。 次の家主には用無しの山椒の木、本当は根ごと運んで来たいんですが......カナダとは国境がありますので植物は憚られて.....今日のお寿司には具材にも木の芽が混ぜ込んであります。 こういう日本のハーブこそ、庭に欲しいものですが。
[PR]
by noreservation | 2015-06-30 21:57 | cuisine | Comments(0)
<< 苺狩り スパゲッティミートボール >>