海南鶏飯風の一皿

このお料理、本来は鶏の出汁で炊いたご飯に茹で鶏の冷やしたもの(煮こごりがポイントらしい)とソース、薬味の香菜を添えて頂くものなのですが、V君が冷えた鶏を好まないので、胸肉を蒸したものを使っています。 スープで炊いたご飯に鶏肉、野菜とバランスが良いですね!
e0177330_10265780.jpg

鶏一羽から始めると良いと思うのですが、私は鶏出汁の冷凍貯蓄(笑)がありましたので、ご飯は鶏出汁で。 ニンニクと生姜のみじん切りを炒めてからお米を炒め合わせ、スープを注いで炊きます。 塩で味付けを。 普通のピラフと同じですね。 
炊きあがった鶏ご飯に蒸した鶏肉と香菜、野菜少々を添えて。 これに鶏出汁のスープとソースを添えます。
e0177330_1035177.jpg

生姜と葱の青味で香りをつけた鶏のスープ。 ライムの絞り汁と皮で味にアクセントを。
e0177330_10385243.jpg

これは夏向きのピリッと辛いソースで、これで淡白な鶏にアクセントが出ます。 市販のシラッチャソース(チリソース)にライムの絞り汁と皮少々、ニンニクと生姜、お醤油少々を加えてバーミックスなどで滑らかに。 市販のものに爽やかさが出てきます。 

驚いたのですが、シラッチャソース、V君の学校のカフェテリアにも常備されているそうです(笑)。 トロントの名物料理のひとつにバターチキンがありますが、これはインド料理の応用版、移民の国の面白さですね♪
[PR]
by noreservation | 2015-08-01 10:53 | cuisine | Comments(0)
<< 茄子の丸揚げ ブルーベリーのパイ >>