夏の日のおもてなし 生ハムとメロン、トマト、ステーキなど

夏の短いトロントでは6月末くらいから一斉に畑の収穫物ラッシュが始まり、8月がピーク! 瑞々しい新玉葱やコーン、トマトも色づいてきました! 旬の良い素材でしたら、手をかけず、そのまま頂くのが美味しい♪
e0177330_23283529.jpg

生ハム、パロマ産プロシュートとメロン、無花果の盛り合わせ。 定番ですが、美味しいですね! メロンは丸剥きを使うと盛付けが可愛くなります(笑)。 
e0177330_23314160.jpg

トマトと酢漬けの新玉葱(あると重宝です)、バジルに塩胡椒とオリーブオイル。 胡椒を粗めに挽くとアクセントになります。
e0177330_23342884.jpg

ステーキですが、これはフランクステーキという部位で腹肉の辺り。 気をつけて探すと、筋の少ない綺麗に霜降りになった切り身がありますので、それを選んで! リブなどと較べると香りに乏しいので、オリーブオイル少々と香味野菜で冷蔵庫でマリネ、レモンの皮も合います。 塩は焼く直前に。
e0177330_23403713.jpg

外のスペースをお持ちでしたら、グリルなさると更に美味しいです。 
[PR]
by noreservation | 2015-08-19 23:43 | cuisine | Comments(0)
<< 夏野菜のカレー パヴロワ メレンゲと苺のアントルメ >>