晩夏のトマトソースの仕込み

しっかりと畑で熟したトマトがファームマーケットに出回ってくると今年のトマトソースの仕込みの算段でそわそわとするのが私の夏の終わりの行事(笑)、ここ数年はソーペファームでお願いしていたのですが、今年はオジさんは作付けは少々やる気無気。 アレコレ迷ったあげく、トマトでは大手のオーガニックファームのソスニックファームにお願いしました。
e0177330_12169.jpg

これで200個弱くらい。 今年は気が急いていて正しく数えるのを挫折(汗)。 一年に一回登場のトマトの素漉し器の出番です(笑)。
e0177330_162371.jpg

e0177330_174699.jpg

素朴でアナログですが、イタリア人のトマト愛を感じるマシーン(笑)。
e0177330_1115339.jpg

コレを延々と繰り返してトマトの皮と種を無駄無く外します。
e0177330_114194.jpg

素漉しになったトマトですが、私は一部はそのままで冷凍、生のフレッシュ感が欲しい時にはこれを使います。 残りは嵩を減らす為に煮詰めてソースに。
e0177330_118893.jpg

e0177330_1203689.jpg

こちらはオーブンでセミドライにしたトマト。
e0177330_1225351.jpg

これも結構用途があります。 サンドイッチなどちょっと挟むと美味♪ 掃除も含めて一日掛りのトマト仕事ですが、長いトロントの冬の最中、真っ赤なトマトソースのパスタなど出てくると食卓に元気が出て来るのです(笑)。
[PR]
by noreservation | 2015-09-12 01:25 | cuisine | Comments(0)
<< 牛肉のトマトシチュー プチトマトのスパゲッティ−二 >>