感謝祭 Thanksgivingのテーブル

感謝祭はいわゆる収穫祭に相当するもので、新大陸移民の歴史に起因する記念日、アメリカでは特に盛大に祝われる記念日になっています。 カナダの感謝祭はアメリカの感謝祭より一ヶ月早い先週末、こちらでもマーケットには巨大な七面鳥やパイ用のパンプキン、クランベリーがずらりと並びだし、料理をする人々は感謝祭当日の献立の算段にワラワラ、ウキウキ(笑)♪

感謝祭のターキーは日本のお節料理に相当するものと、私は感じています。 秋になると料理雑誌にもターキーのレシピや献立、流行りのサイドディッシュのレシピが並ぶのもお節と似てますね(笑)。 七面鳥は大きく準備もそれなりに入りますが、お節と同じで毎年作り続けますと、料理の算段が年毎になんとなく身について来るもので、やれやれと思いつつも、初めて料理本とにらめっこして悪戦苦闘した頃より、ずっと気楽に作れるのです。 とにかくやってみる事をお勧めします。
e0177330_1092347.jpg

前菜から。 ディップソースですが、これはビーツをオーブンでホイル包み焼きにしたものを、塩胡椒とオリーブオイルでピュレにしたもの。 ほの温かくしてディップとして出しますと、カリフラワーやニンジンと良く合います。 色彩も華やか!
e0177330_10125562.jpg

椎茸とニンニク炒め、チーズとセミドライトマトのカナッペ。 ここまでが前菜です。

さて、主役はコレ!
e0177330_1017198.jpg

ターキー、七面鳥です。 これで13ポンド、7キロ弱くらい。 ターキーとしては小さい方です(笑)。 折角時間をかけてローストしますので、材料は出来ればフリーケージで育てられた冷凍されてないものを。 素材が良ければ、ハーブなどに凝らなくても、塩胡椒とバター、パセリの茎とローリエくらいでとても美味しくロースト出来ます。
e0177330_1022233.jpg

これで3時間弱くらいローストしています。 コンベクション機能の付いているオーブンでしたら、2時間半くらい。 長いロースト時間ですが、これ一羽あれば何人のゲストにも対応出来るところがターキーの良いところ♪ 続く。
[PR]
by noreservation | 2015-10-14 10:26 | cuisine | Comments(0)
<< 感謝祭のテーブル 2 ペリメーニ シベリア風茹で餃子 >>