けんちん汁の季節

11月になりました♪ 今年のトロントは10月が比較的暖かくて、ファームマーケットでもまだ刃物が頑張っていますが、もう1−2週間で冬到来でしょうか? ニンジン、カボチャ、いも類がテーブルに並び、ここ数年、こちらでも栽培されるようになった蕪(ハクライと呼ばれています)も大きい! けんちん汁の欲しくなる陽気です。
e0177330_22585094.jpg

e0177330_230751.jpg

ゴボウは水に浸してあく抜きを。 トロントではゴボウはアジア系のスーパーで手に入りますが、無い場合、パセリルーツ(ニンジンを白くしたようなパセリの根)が味が近いです。 少々の油でゴボウから蓋をかけて弱火で蒸し炒めしていきます。 ゴボウに火が通ったらニンジンを入れて、また蓋をかけて蒸し炒め、蕪は直ぐに火が通りますのでざっと炒めて出汁を加えます。 里芋は下煮をしておく方が無難ですが、直接入れる場合は出汁が沸騰したところへ入れる事。 仕上げにお豆腐と青味、薬味を。 
e0177330_23241583.jpg

お味噌を使っても美味しいです。 この日はけんちん汁と焼き鳥丼!
e0177330_23264521.jpg

[PR]
by noreservation | 2015-11-02 23:28 | cuisine | Comments(0)
<< りんごのクランブル 鴨のオレンジソース >>