くるみとレーズンのライ麦パン

イーストを使ったパンというのは”パン屋さん”という職業が成り立つだけあって、プロの世界を感じます。 家庭でも素敵なのを作られる方もいますが、発酵の状態、イーストの種類、粉の状態などで奥が深い。 
e0177330_8365855.jpg

これはライ麦75gに強力粉175g、水150g、塩少々、バター10g、ドライイースト3gで作ったもの。  イーストの量が多いとイースト臭が強くなりますし、少ないと膨らみが弱い。 発酵の時間をかけると膨らみますが、見極めないと発酵しすぎで生地が萎んでしまったり。

中身のくるみとレーズンをたっぷり入れて、薄く切るとウォッシュ系のチーズと相性良しです♩
[PR]
by noreservation | 2015-11-23 08:43 | cuisine | Comments(0)
<< ロマネスコを使って タコとオリーブのトマト煮込み ... >>