ナショナルバレエオブカナダ、シーズン開幕♩

食欲の秋ばかりに邁進している間に、季節はもう冬、芸術の秋も楽しまなくては(汗)というところで、トロント在住の皆様、ナショナルバレエオブカナダの今シーズンが開幕しております♩

今年のシーズン開幕は『冬物語』、ロイヤルバレエが初演ですがカナダとはご縁があるのか『不思議の国のアリス』も振り付けたクリスウィールドン作品♩ 私は日曜日に観たのですが、キャストが凄い♩ スヴェトラーナ・ルンキナ、エヴァン・マッキー、ユルギータ・ドロニーナという贅沢なトリオ❤️
e0177330_10125243.jpg

シェイクスピアの原作を私は読んだことがないのですが、筋書きはオテロに近くて、それが2世代に渡る物語になっています。 1幕がオテロを凝縮したような愛憎劇で非常にテンションが高く、これだけで3幕観たような充実感がありました。 その分2幕は明るく、3幕は大団円へ。 
e0177330_101823.jpg

主人公は1幕からいきなり猜疑心と嫉妬に取り憑かれてしまうのですが、これをシェイクスピア劇をみるような格調あるパフォーマンスでみせてくれたのがエヴァン・マッキー。 この人は『アリス』のジャックのような役でも役柄を消化しているというかきっちりと準備してくるダンサーですが、こういう難しいキャラクターなほど彼の知性が輝きます。 美脚に加えてテクニックも美しいという大変な才能の持ち主ですね。  

相手役に今シーズンからナショナルバレエに移籍したユルギータ・ドロニーナ! この人はまだ若いダンサーですが、とにかく可愛い♩ 踊りも美しく、『冬物語』のような演技面の多い演目でも堂々たる存在感をみせてくれて先々がとても楽しみです。 可憐で美しいバレエダンサーというとアリーナ・コジョカルが浮かびますが、あんな感じになるのではないでしょうか? 

そしてこのストーリーには女官のポーリーナという人物がキーパーソンになるのですが、これをスヴェトラーナ・ルンキナが演じています。 このバレエ、踊っているというか演じているという印象が強いんですね。 
e0177330_10343368.jpg

ボリショイ出身ですが、私はこの人は今、世界最高のバレエダンサーのひとりだと思います。 目を見張るようなテクニック、美しいポーズ、周囲のダンサーとのケミストリー、ナチュラルで情感溢れる演技と褒めればキリがないほど(笑)♩ 来年2月には東京でゲストとして白鳥を踊るそうですが、チャンスのある方はぜひ! ロシアンダンサーですから白鳥は必須でしょうが、私はこの人の椿姫なんかぜひ観てみたい♩ ルンキナさん、日本語もなかなか上手!!

さて、ナショナルですが今週はロミジュリ、ギョーム・コーテが怪我からの復活です! そして一ヶ月に渡る『くるみ割り人形』の季節(笑)♩
e0177330_1044185.jpg

毎年、『くるみ』はどうしようかなあ・・・などと迷うのですが、やはりスヴェトラーナ&エヴァン・ペアというのは観てみたいですし、日本人的には今季プリンシパルに昇進した江部さんも応援したいですし、気忙しいシーズンの幕開けです(笑)♩ 

ナショナルバレエオブカナダ、東京への出張公演って実現しないものでしょうか?  ロシアを始め世界の格式あるバレエ団の公演が目白押しの東京ですが、ナショナルカナダはルンキナ、マッキー、コーテがいますし、国際色溢れるダンサー達で、現実的であり、しかも優秀なカンパニーだと思うのですが。  日本のメディアの皆様もバレエコンクールばかりではなく、その先にも注目して欲しい気は致します。 江部さんなど、ナショナルカナダのような大きなカンパニーで頂点のプリンシパルを極めたのですし、ぜひ凱旋の機会があればと願うのですが。
[PR]
by noreservation | 2015-12-03 11:10 | ballet & opera | Comments(2)
Commented by 娑羅 at 2015-12-05 00:15 x
カナダのバレエ団はあんまり来日しないですね~。

エヴァン・マッキーは東京バレエ団の「オネーギン」にゲスト出演したことがあるんですが、見逃してしまったので後悔・・・(涙)

ルンキナは数年前にボリショイの来日公演で「白鳥」と「スパルタクス」を観ました。
ボリショイにいると地味な印象ですが、安定感が抜群で玄人受けするタイプですね。
彼女の踊りのタイプからすると、移籍したことは良かったかもしれません。
Commented by noreservation at 2015-12-05 09:53
私はボリショイは元気発剌(笑)な印象があるんですが、彼女はそれとも違うかなあ、ほっそり小柄で繊細かつ気品のある踊りが良いですね〜、コンテでも映えますし。 ドラマ系ならZ様よりずっと良いと思うんだけれど(汗)。 ホントは白バレエよりアンナカレーニナなんて観たいかなあ♩ ・・・カナダはABTの影になるのか、気づかれてないって感じなんですよね(ため息)。 ロイヤルの平野さんのお兄様が前シーズンでソリストをリタイアしましたが、上品かつ大人の色気のあるダンサーでそれは素敵だったのですが、日本の方はあまりご存知無いのが惜しくて。 江部君というスカッと王子様系のプリンシパルも誕生したのだけれど。 エヴァン君はいずれはバレエフェスとかに出そうな予感!!
<< カボチャのパイ 亥の子餅 >>