抹茶入りどら焼き

どら焼きはおそらくは洋菓子を意識して作られた和菓子だと思うのですが、理屈好きなフランス人がセオリーをきっちりさせているフランス菓子などと違って、作り方が案外ややこしい(汗)、卵と水の分量、卵の扱い方、少々の蜂蜜か水飴、重曹の扱いなど理論がまちまちなんですね。 どう作ってもそれなりには出来るのですが、同じように出来ないというか。 フランス菓子などは良い材料を使ってコルドンの本通りにすればかなり安定したものが作れるんですが。
e0177330_1154415.jpg

この時期、街頭に出てくるツリーの濃い緑を意識して、生地にお抹茶を多めに入れてみました。 しっかりと香りの立つ生地になりましたが、そうすると餡をもう少し甘くしないと。 小豆餡は思い切った量のお砂糖を使いますが、それでも甘さ控えめに感じるほど。 材料がシンプルなだけにこの味の塩梅がややこしいのです(笑)。 
[PR]
by noreservation | 2015-12-06 11:11 | cuisine | Comments(0)
<< ロールキャベツ2種 カボチャのパイ >>