人気ブログランキング |

<   2009年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

Japanese Potato & Beef Croquette

コロッケの語源はやはりCroquetteから? うちでも一番人気のメニューです。 潰したジャガイモに炒めた挽肉と玉葱。 挽肉を炒める時に月桂樹の葉を一緒に炒めると香りがつきます。 そして白ワインを少々ふるとしっとり。 
e0177330_23521534.jpg

丸めて小麦粉、溶き卵、パン粉...この作業はやはり週末向け。
e0177330_23544388.jpg

揚げたてカリカリ♪
e0177330_23564157.jpg

これが嫌いな日本人は少ないと確信しますが...が、この手の洋食はやはり西洋料理の情報を得たシェフによって開発された旨味を追求した献立という気がします。 和洋を問わず理にかなった伝統食と較べて身体に良いとも栄養価的にバランスしているとも言い難い。 コロッケ自体は季節感にも無頓着ですし。 肉のローストなんかと較べて安上がりなメニューですが、やはり時々食べる特別料理なのではないかなあ? 
by noreservation | 2009-05-15 00:09 | cuisine

Fragola Fabbri

この可愛い瓶に注目!
e0177330_23291897.jpg

さくらんぼのシロップ漬けで有名なイタリア、ファブリ社の苺の瓶入りシロップ漬けです。 半乾燥した苺をシロップに漬けているので、ドライよりさらにしっとりの仕上がり。 これを使ってクグロフを焼きました。
e0177330_23322666.jpg

オーブンから苺の香りが漂います! この製品、私はWilliams-Sonomaで買いましたが、瓶欲しさっていう要素も多分にあります....!
by noreservation | 2009-05-14 23:35 | cooking tool

リコッタチーズのラビオリ

このところうどん打ちに転用されていたイタリア製製麺機、今日は本家、セモリナ粉入りのパスタです。
e0177330_0395432.jpg

セモリナと水だけでも打てるのですが、ラビオリの場合は小麦粉の00を使った方が扱い易いのはあります。 今日のはセモリナと00半々、卵一個、水の配分。
e0177330_042495.jpg

リコッタチーズ(今日は混ぜ物無し)をのせて、
e0177330_0435123.jpg

空気を抜いて卵の白味で接着、このギザギザローラーでカットしました。
e0177330_0454564.jpg

こんな丸いのもあるのですが、今日は経済効果の四角切り。 この辺に関西の丸餅と関東の角餅を感じます。 ”丸”の方が可愛い(私はいわゆる江戸っ子ですが)。 本来はパスタマシーンなど使わず、麺棒で伸ばすので丸形が自然かなあ。

生パスタなので、茹で時間は4分くらい。 これはトマトソース。
e0177330_0514025.jpg
 
こちらはボロネーズソース。

e0177330_053595.jpg

by noreservation | 2009-05-14 00:56 | cuisine

トリコロールサラダ

トリコロールサラダの材料です。
e0177330_0531754.jpg

アルギュラ(日本だとルコラ)、赤いのがラディキオ、ベルジアンエンディーブ(チコリ)の三色野菜を混ぜ合わせるので、トリコロール。 苦みと、異なった食感で生食の葉っぱだけでも賑やかになるサラダです。
e0177330_153411.jpg

ラディキオはその他グリルしたり。 エンディーブは茹でたりグラタンにしたりと使い出あれこれ。
by noreservation | 2009-05-13 01:07 | cuisine

母の日食べ放題ランチ

ビュッフェって....基本胃腸の強いのが仇となり、普段の3倍強のボリュームを食べてしまう私。 日頃の痩せたい...気持ちをあっさり忘れ、取り敢えず何でも味見はしてみたい(笑)!?
e0177330_12483285.jpg

カクテル風前菜から、サラダ各種、サーモン、マヒマヒのクリームソース、ラムチョップ、etc...。 ソルトレイクシティーの唯一の高級ホテル、グランドアメリカのビュッフェです。
e0177330_1255974.jpg

飾り用レッドペパーのチューリップ、包丁技の花スイカ。
e0177330_12582988.jpg

ビュッフェの主役は上手に焼けているリブロースト! 奥にターキーロースト。
e0177330_1303055.jpg

これはパルミジャーノレジャーノの大きな塊をくり抜いて、そこにアスパラとロブスターのリゾットが入っていました。 
e0177330_1332265.jpg

デザートバーには氷で出来た母と子の彫刻もあったのですが、この頃には過度の満腹で写真を撮り損ねてしまいました。 手前のはラズベリーのババロア。

重量級の母の日となりました。 今週は反省週間...? 
by noreservation | 2009-05-12 13:17 | restaurant & shop

Happy Mother's Day

これは最近教えてみた、彼に出来る中々”気の利いた事!”(笑)です。
e0177330_5595084.jpg

朝、カプチーノを作ってお届け♪♪
e0177330_615364.jpg

本日は母の日無料サービスでしたが、次からはチャージするという....いくらなんだかねえ!?
by noreservation | 2009-05-11 06:14 | life

月の出を待って。

昨夜のソルトレイクの月です。 山の端にかかる月。
e0177330_10213919.jpg

燦然と輝く。
e0177330_10243517.jpg

ウサギの餅つきも良し、かぐや姫もまた良し♪
e0177330_10253872.jpg

by noreservation | 2009-05-10 10:26 | life

Metropolitan Opera HD La Cenerentola

久々のオペラネタです...! 08/09シーズンも今日が最終日、HDの最後を飾るのはのチェネレントラ、Rossiniバージョンのシンデレラ物語です。 ここ数週間、ラディオ中継もワーグナーが続いたので、締めは軽やかベルカント♪
e0177330_9212190.jpg

ソルトレイクの映画館では午前10時半のスタート。 会場では名前を書いた紙をくじの箱に入れて当たるとネトレブコ&ヴィラゾンのCDが当たるのですが、私は今日もはずれ(笑)。

さて、今日の注目は何といってもGaranca。 METデビューは昨年のようですが、ヨーロッパでは既にエスタブリッシュな歌手なのか、軽やかかつ丁寧で上手い! 演技もさり気なく、可愛く、YoutubeにUPされていたリサイタルよりずっと良かったです。 ベルカントってあの独特の軽やかさとリズムが自然に歌える人ってやはり限られている気がしますが、この人もそういう特別な人ですね。 インタビューでは自分はロッシーニ.シンガーとは自覚してないのだけれど、と言っていましたが。 来年はホフマン物語に出演とか。因みに本日のホストはハンプソン叔父さま、そつのないインタビュアーでした。

プリンスチャーミング役はBrownlee。 優し気でリズミカルな声は良いのですが、彼、小柄でシンデレラよりぐっと小さい。 ...コメディーなのでまあこれはこれで良いかしら? アンサンブルだと少々声が消えて聴こえるのは競演のAlberghini とRelyeaの大ボリュームのせいでしょう。 メフィストフェレス役では強面のお衣装だったRelyea、今回はロングジャケットが映える(時には羽もつける)長身イケメン振りです。 巨大なMET歌劇場に響き渡る大音声を持つPromised Young Starですね。 Corbelliはじめ役者な歌手勢が笑わせてくれます。 

ステージはルネ.マグリットのシュールリアリズム作品からのインスパイアー。 スタイリッシュな仕上がりで、皮肉っぽさもあり気が利いていました。 メトロポリタンオペラのHDも次は秋までお預け、淋しいですね〜。 明日、ユタでは『つばめ』のTV放送です。  
by noreservation | 2009-05-10 10:13 | ballet & opera

Fusilli alla puttanesca

これは簡単で誰の口にも合うトマト系のパスタ、カンパーニャ地方のお料理だそうです。 味のきめては塩漬けのケッパーとアンチョビー。 塩漬けのケッパーはソルトレイクだとTony Caputoで小瓶入りが手に入りますが、ニューヨークならばチェルシーマーケットのイタリア食材店だと大きい袋入りがGood Dealです。 ケッパーの塩を落として水で塩抜きします。
e0177330_8103748.jpg

オリーブオイルでニンニクを静かに炒め、アンチョビー、ケッパー、チェリートマトを入れて蓋をして弱火でちょっと煮込みます。
e0177330_8132942.jpg

トマトが弾けてフレッシュ感のあるソースが出来ます。 
e0177330_8162139.jpg

仕上げにバジルの葉を。 ペコリーノチーズが特に良く合いますので、これもたっぷり♪
赤唐辛子でピリリとさせたり、オリーブを入れても変化がつきます。 
by noreservation | 2009-05-09 08:23 | cuisine

青葱とお揚げのうどん

パスタマシーン.プロジェクト、ゆっくりですが進行しております。 手打ち風おうどん、前回細く伸ばし過ぎたので、今回はきしめん風に。 ざるうどんにはちょっとゴツいような見掛けに仕上がったので暖かいおつゆものにしました。
e0177330_1291367.jpg

茹でて一旦水で締めたうどんを出汁の中で暖めて、刻み揚げと葱を投入。 お葱は斜めに細く切るのがポイントです。 
e0177330_1312811.jpg

日本食ってとことんヘルシーと思う一品。 山椒の効いた七味で締めます。
e0177330_1331444.jpg

うどんもいいけど、ラーメンの方が好きだと言う...ヤレヤレ。
by noreservation | 2009-05-08 01:37 | cuisine