<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

グリッシーニ oishii

イタリア系ブレッドスティックです。 アメリカだと箱で売っている事が多く、$3くらいから。 輸入品のすご〜く長いのもあって、種類もお値段も様々です。 

ご近所のレストラン、METROPOLITANで突出しに出してくれる手作り風のが美味しいので、自分でも出来ないかとあれこれ本をめくったのですが、レシピーが無かった......ので、試しにピッツァの生地を使ってみました。
e0177330_9515721.jpg

ほんの少しの生地から結構沢山作れます。
e0177330_9525931.jpg

オーブンで12分くらい焼いてみました。 
e0177330_9545455.jpg

この手作りっぽい見掛けは素朴で良いかも?と思うんですが(笑)。 ピッツァ生地でも、これはこれでフレッシュ感があって美味しかったです。 グリッシーニ、本当のレシピーはどうなんでしょうか? 甘いお菓子に躊躇する場合、これって日持ちもして便利なスナックだと思うのに。
[PR]
by noreservation | 2010-01-31 10:08 | cuisine | Comments(0)

キャベツのファルシ

フランス版ロールキャベツです。 縮緬キャベツを使いました。
e0177330_11134895.jpg

芯をくり抜いたら熱湯を注いでキャベツを開かせます。 お湯をきって、具(子牛挽肉、玉葱、セロリ、卵、パン粉、ミルク少々)を詰めていきます。 この作業、思ったより簡単で、普通にロールキャベツにするより、手間がかからないくらい。
e0177330_11171143.jpg

形を整えてお鍋に。 ここにスープかキャベツを浸したお湯を注いで、私はこのまま蓋をしてオープンへ入れてしまいます。 直火の弱火で煮込んでも良し♪
e0177330_11192299.jpg

こんな感じ。 スープにも味が出ていて美味しいです。 折角なので、見場の良いお鍋に移しました(笑)。
e0177330_11203164.jpg

切るとこんな感じです。 キャベツとお肉の層が見えるかなあ?
e0177330_11211888.jpg

[PR]
by noreservation | 2010-01-30 11:22 | cuisine | Comments(0)

鶏の立田揚げ ブロッコリーラブのお浸し

久々の揚げ物です。 揚げ物、冬は窓を開け放すのが寒いので躊躇。 夏は油を使うのが暑いので躊躇(笑)。 そして掃除が大変なので躊躇(笑)。 やっと重い腰を上げました。
e0177330_3305110.jpg

結構沢山作ってもあっという間になくなるのが揚げ物(笑)。 今、私は中華鍋を使っていますが、油の始末も含めてもっと手軽に揚げ物が出来ないかな〜と思案中です。
e0177330_3355522.jpg

副菜にお浸し。 ブロッコリーラブとか、ブロッコリーニなんて呼ばれるイタリア野菜で、菜の花とブロッコリーの中間くらい。 ブロッコリーより苦みが立って美味しいので、お浸しによく合います。 食べごたえのある野菜ですので、浸し地をたっぷりめに。 
[PR]
by noreservation | 2010-01-29 03:41 | cuisine | Comments(0)

りんごのバターケーキ Apfelkuchen

お友達のSYNちゃんから、”いいですよ〜、このレシピー♪”と伺ったので作ってみました。 門倉多仁亜さんの本からのレシピーです。

バターケーキは一般に二つに分かれる。 ベーキングパウダーを使うか否か(笑)。 私は通常はベーキングパウダーを使わず、メレンゲで膨らます方法で作りますが、このケーキみたいにリンゴがど−んと入る場合はベーキングパウダーを使った方がちょっと安心かなあ。 
 
e0177330_4574658.jpg

リンゴはグラニースミスです。 
e0177330_502169.jpg

生地に包丁を入れたリンゴを埋め込んでオーブンへ。
e0177330_511588.jpg

素朴で可愛いな〜〜と思う姿です♪ 私はここへカルバドスを塗って香り付け。
e0177330_522919.jpg

粉砂糖でお化粧。
e0177330_534647.jpg

切ってみると....
e0177330_545523.jpg

ドイツ菓子は飾り気はないけれど、実質的で美味しい♪ クリームは、本当はもっとたっぷりが◎です(笑)。 
[PR]
by noreservation | 2010-01-28 05:10 | cuisine | Comments(2)

ボルシチ

ビーツの赤い色の鮮やかなロシアのスープです。 ロシア人の友達Mちゃんが発音すると“ボールシィ”に聴こえます。 骨付のポークリブでスープをとり、ゆっくりと炒めた玉葱、人参、セロリ、キャベツ、トマト、ジャガイモ、最後にビーツを入れた栄養のバランスの取れたスープ♪
 
e0177330_1302167.jpg

ニューヨークのウクライナレストランだと、野菜はゴロンとした形で入っています。 ロシアだと野菜はスライサーを使うみたい。 Mちゃんもスライサーを使っていました。 ジャガイモだけは包丁で拍子木に。 私はこの千切り系(笑)の方が食感が好きです。 ビーツは煮込みすぎると鮮やかな赤が突然オレンジに変わる食品色素化学変化を感じる(笑)野菜ですので、最後に。 皮付きで茹でるときは大丈夫なのに。

仕上げにパセリと好みでニンニクのおろし少々。 サワークリームを添えて。
[PR]
by noreservation | 2010-01-28 01:40 | cuisine | Comments(0)

キノコと春菊の柚子風味のお浸し

ニューヨークで買った貴重な(笑)柚子2個、チマチマと使っています。 今日は冷凍しておいたジュースを使ってお浸し。
e0177330_047568.jpg

具はさっと茹でた春菊、椎茸、シメジ。 地は薄口と濃口半々に出汁少々、柚子の果汁で酸味をつけます。
e0177330_0495394.jpg

柚子とかカボスを使うといきなり料理屋さん風の味になる。 気軽に手に入ると嬉しいんですが。
e0177330_051345.jpg

今夜の食卓。 民間療法的”葱は風邪に良い”が、最近データー的に証明されたという記事をネットのニュースで読みましたので、お豆腐に葱どっさりのお味噌汁(笑)。
[PR]
by noreservation | 2010-01-27 00:55 | cuisine | Comments(0)

餃子

私はどうも中華を作るのが苦手みたい.....食べるのは大好きだけど(笑)。 ささっと一気に強火で仕上げる、というのに向いてない気がします(笑)。 で、かなり久々の餃子。
e0177330_3333146.jpg

皮です。 生地はブレッドマシーンで作れます。 強力粉200gに対して水110cc。 
e0177330_3344926.jpg

やらせてみたら案外巧かった!? 餃子の皮はクッキーとかよりお子様向けかも知れない。 
e0177330_3384524.jpg

茹で餃子に。 皮がつるんとして美味しい♪
[PR]
by noreservation | 2010-01-26 03:46 | cuisine | Comments(2)

オレンジゼリー

ネーブルオレンジのお値段が安くなっていたので、5個くらい買ってみました。
e0177330_344642.jpg

オレンジって美味しいのですが、以外と厄介(笑)。 蜜柑のように食べたい時、手で剥けるわけでもないし、包丁を入れてかぶりつくのもまあ家なら良いんですが....(笑)。
e0177330_3122137.jpg

オレンジ2個は果汁を搾って、残り3個は皮を剥いて実だけにします。 これをゼラチンで寄せ固める。 今日はゼラチンのシート2枚。
e0177330_3153575.jpg

プルンと冷たい食感で、重たいお料理の後のデザートにもなりますし、週末のブランチの前菜にも合いそう。 
[PR]
by noreservation | 2010-01-26 03:22 | cuisine | Comments(0)

カルメン by ユタオペラ

METのHDではありません、ユタオペラ(笑)! バレエウエストと同じく、キャピトルシアターを本拠地にした、ご当地オペラ。 初めて行ってみたのですが、さて.....
e0177330_56356.jpg

金曜日の夜でしたが、劇場は満席(初日も完売)!! バレエでは満席ってちょっと見た事無いので、驚きました。 公演回数は年間でもかなり少ないですが。 

まあ、一回観ただけですし、しかも舞台に近過ぎる席でとやかくは言えないんですが、演出、衣装が......超ありきたり? 予算の関係とかで使い回しなんでしょうか.......? コンサバな土地柄とはいえ、芸術スタッフのビジョンを感じられないはちょっとがっかりです。 無難=月並みは予算のせいなのか、それとも単にこの“ありきたり”感が好まれるのか謎(笑)。 オペラって総合芸術だと思いますので。

指揮のPelto氏はシャープ、かつドラマティックで良かったです。 シンフォニーも演奏は良いですが、ディテールの部分で指揮をフォロー出来ていない感じ? ドン.ホセのShelton氏、役柄には軽めですが伸びやかな良いテナー♪ 緊迫感もあり、彼がステージを締めてたな〜と思います。 カルメン、Sandel-Pantaleo嬢。 美しく背も高く、ステージ映え抜群! パワー系カルメンではないですが声も良し♬ ジプシーソング、もっとコントロールが効くと良いけれども。 演技も巧い人ですが、昨日は後半疲れて来たのかなあ、テンション足りなくて残念。 コーラスの皆さんも、メゾフォルテくらいになってくるといきなり雑になるのがちょっと気になります....?   
e0177330_5315372.jpg

.......ユタオペラ、う〜ん、こういう小規模都市をベースにして、不況の折でもチケットは売れてるし、チャレンジを期待したいです。 劇場をシェアするバレエの方がカンパニーの個性がしっかり出てますし、芸術的水準が全然高い。  
[PR]
by noreservation | 2010-01-24 06:01 | ballet & opera | Comments(0)

南瓜のフェトチーネ

法蓮草の緑、ビーツのピンクに続くカラーパスタ、ペーストにした南瓜入りの黄色のフェトチーネです。
e0177330_5491215.jpg

南瓜はしっかりペースト出来るので、法蓮草より扱いやすいです。 
 
e0177330_5505970.jpg

ひよこっぽい黄色が春ですね(笑)。 
e0177330_5523353.jpg

折角の黄色なので、ソースはバター&オリープオイル。 イタリアンソーセージを添えました。 今日はセモリナ150gに”00”を50gの配合。 私が今、手に入れられるセモリナは2種類ありますが、かなり粒子に違いがあります。 細かい方を使うとやはりグルテンが出るのか、仕上がりが伸びてつるんという食感。 粒子が荒い方だともっちり。 日本人だとつるんの方が好まれるかなあ?
[PR]
by noreservation | 2010-01-23 06:00 | cuisine | Comments(0)