人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ラムロースト

ラムの腿肉、ヨーロッパ程ではありませんが、アメリカのスーパーでもポピュラーになってきた素材です。 筋の多い部位なので、煮込みに向きますがローストでも。
e0177330_0473827.jpg

こんな感じで売られています。 大きく見えるけれど骨が真ん中に入っているので、これで3人分くらい(笑)。 肉のところどころにナイフを突き刺して、ニンニクを埋め込んで準備します。 塩胡椒は多めに。 
e0177330_0495456.jpg

ローストの途中でジャガイモも加えて、付け合わせも一緒に仕上げます。 
 
e0177330_0514580.jpg

今日は先日の残りのミントの葉を添えました。 ローズマリーとラム、ミントとラムは相性良しです。
by noreservation | 2010-02-03 00:57 | cuisine

青葱のパジョン

粉ものが続いています(笑)。 フランス風ベニェ転じて、韓国風パジョン。 微妙な違いはありますが、内容はかなり近い気がする(笑)!? 
e0177330_512532.jpg

小麦粉、水、卵、上新粉少々の生地に青葱をたっぷり。 
e0177330_5142699.jpg

多めの胡麻油で焼いていきます。 ここで胡麻油を使うと韓国風の風味になる。
e0177330_5153753.jpg

カリカリが美味しいです。 
e0177330_5162343.jpg

パジョンには合わせ醤油を。 お醤油、お酢、摺り胡麻、粉唐辛子にお砂糖。 私はお砂糖の代わりに梨の擂りおろしを加えます。
by noreservation | 2010-02-02 05:24 | cuisine

Blood Orangeのゼリー

先週に続き、カリフォルニアのオレンジがセールです。 
e0177330_451862.jpg

一見フツーのオレンジ、部分的にちょっと赤いかなあ?という違いですが....
e0177330_453993.jpg

切ると!? Blood Orangeです。 アメリカのスーパーでもここ数年、見掛けるようになりました。 このオレンジ、シシリー島のTaroccoが有名ですが.....しかし、ネーミングが.......(笑)。
e0177330_458186.jpg

3個は剥いて、2個はジュースを絞ります。 ゼラチンで固めて完成。
e0177330_5072.jpg

ワインゼリーのような色ですが、オレンジだけなんです。 香りは独特で、酸味は普通のオレンジより少ないくらい。
by noreservation | 2010-02-02 05:03 | cuisine

Beignets de Poireaux

ナディーヌ.ヴォジェルさんの本はフランスの家庭料理の素敵なレシピーが一杯♪ 本格的なんですが、やはりプロのシェフのフレンチ料理本とどこか微妙に違うのです。 家庭料理なんですね。
 
e0177330_2283113.jpg

ここに出ていたポワローのベニェ(ポロ葱入りお好み焼き)を作りました。 ベニェはフランス風の甘いドーナツですが、この生地はむしろお好み焼きです(笑)。 コルシカ島の伝統料理で復活祭の前の四旬節に作られるものという。 宗教は違いますが、日本だと節分から桜が咲く前という感じ?
 
e0177330_2353223.jpg

本当はベーコン(フランス料理の場合は拍子木切り)を使うのですが、今日はスペックで代用。 スペックはイタリア北方のハムですが、いわゆる生ハム(プロシュート)よりお安くて(笑)脂も控えめ、スモーキーな味も美味♪ 
e0177330_2385971.jpg

リーク(ポロ葱)と一緒にジンワリと炒めます。 
e0177330_240356.jpg

今日の名脇役、ミントの葉です。 刻んでタップリ加えます。
e0177330_241837.jpg

ベーキングパウダー入りの生地にミントの葉。
e0177330_242849.jpg

炒めた葱とスペックも加えて、これで生地が完成。
e0177330_243495.jpg

多めの油で揚げ焼きにしていきます。 
e0177330_2441295.jpg

フランス風お好み焼き♪ ふっくらとベーコンの塩気も効いてワインに合います。 韓国の葱のパジョンにも近いかな(笑)? 添えたミントの葉と一緒に食べると、ベトナム料理の揚げ春巻きも思い出す? 
by noreservation | 2010-02-01 02:52 | cuisine