<   2010年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

けんちんうどん

感謝祭が明けた翌日、V君はバレエウエストの『くるみ割り人形』のオグデンでの出張公演に出演予定で、我が家はちょっとそわそわモード。 食事の時間が不規則になりますので、ささっと頂けて、野菜の取れるものは.....やっぱりけんんちん汁♪
e0177330_421758.jpg

根菜が美味しくなってきましたね〜♪ 
e0177330_4225762.jpg

今日はお醤油を利かせて、おうどんを入れました♪ 暖まって美味しい!
[PR]
by noreservation | 2010-11-30 04:27 | cuisine | Comments(0)

Thanksgiving Sweets

ディナーの後のデザート、季節感があって失敗がなくて....とあれこれ迷っていて、今年はこれがメインになりました♪
e0177330_5375434.jpg

リンゴのパイ&クランブル♪ 最初にパイ生地を下焼きしてから、お砂糖とバターで煮たリンゴを詰めます。 その上にクランブルの生地をかけてさらに30分くらい焼いたもの。 前日に作りましたが、やはり当日の朝にちょっと火を入れるとサックリ感が戻るようです。
e0177330_5405889.jpg

もうひとつ、同じパイ生地を利用したスイートポテトのパイ♪ これはやはり下焼きした生地に裏後したサツマイモ、お砂糖、バター、クリーム、ラム酒を混ぜたスイートポテトを敷いて焼き上げたもの。 これは詰め物の水分が少ないので、パイもさっくり感が長持ちします(笑)。
e0177330_5433989.jpg

もうひとつ。 珈琲のお伴にオレンジ風味のバターケーキとディアマンクッキー♪ 子供はやはりディアマンが好きですね! 小さい手がのびてくるのがカワイイです♪
[PR]
by noreservation | 2010-11-29 05:46 | cuisine | Comments(0)

Thanksgiving Dinner

アメリカの感謝祭、Thanksgivingは何といってもターキー♬ ローストビーフの方が美味しいね、などと言ってはいけません(笑)。 大きな鶏がドンっとテーブルを飾るのです♪

最初はちょっとお摘みを♪
e0177330_3303036.jpg

今は旬の芽キャベツ、カリフラワーとプチトマト。 ディップソースはジンジャーお醤油味と暖かくしたヴァーニャカウダを。
e0177330_333088.jpg

チーズと自家製ラスク。 カイエンヌペパーとパルミジャーナ味のパイ。
e0177330_3352051.jpg

ウイリアムソノマで買った木の葉型で抜きました♪

そしてメインはもちろん♪
e0177330_337792.jpg

ドレッシングはソーセージ、牛挽肉入りです!
e0177330_3391190.jpg

マッシュポテト。 ハリコットとクランベリーソースもマストです(笑)。
e0177330_3411993.jpg

e0177330_3405665.jpg

これが私の思う、一番アメリカンなお料理です♪
e0177330_3423689.jpg

[PR]
by noreservation | 2010-11-27 03:42 | cuisine | Comments(0)

ハヤシライス

ハヤシライスはそれだけを美味しく作ろうとすると、時間も掛かりますし、材料も必要。 それで私の場合は、ビーフシチューをたっぷりめに仕込んでおいて、残り物を転用します。 ビーフシチューはもう少し優しい味になってますが、ハヤシライスの場合はご飯と合わせるので、もうちょっと旨味が必要。 
e0177330_12561420.jpg
 
牛肉はステーキ用のリブアイを短冊に切ってフライパンで焼き色をつけます。 そこへ赤ワインをたっぷりめに差してアルコールを飛ばしたら、シチューの残りのソースを入れて45分くらい煮込みます。 仕上げにシェリー酒で香りをつけて、お醤油で塩気を決めます。 お醤油はソースの香りを消さない程度に。 これでご飯に合うと思います。  
[PR]
by noreservation | 2010-11-25 13:01 | cuisine | Comments(0)

Snow Storm

ニューヨーク、シカゴと寒さや雪には慣れている私ですが、海抜も高い山岳地帯のソルトレイクの天候にはやはり驚かされる事があります。 今朝から警戒予報の出ていた雪嵐、午後5時くらいから始まって、今も深々と降り続いています。 そして強い風に舞う雪は中々コワくもある。 こういう厳しい天候を見ると、やはり人間のルールなんて儚くて、自然のルールには従って生きなければ、って思うんですね(笑)。
e0177330_1222831.jpg


太郎をねむらせ太郎のうえに雪ふりつむ。
次郎をねむらせ次郎のうえに雪ふりつむ。

これは私の好きな詩(笑)♪ 多分、三善達治.....? 降り積もる雪は音を消しますが、私はその静けさが好きなんですね。 明日の朝は真っ白、まだ感謝祭の前なのに....(笑)!
[PR]
by noreservation | 2010-11-24 12:12 | life | Comments(2)

カボチャのリゾット

ソルトレイク、今年の11月は例年より寒く雪も早いです。 普段の年はニューヨーク辺りより、緩い冬なのですが。 今日は夕方からはSnow Stormの予報も出ましたし、雪の感謝祭になりそう。
e0177330_8263436.jpg

リゾットは寒い日にほっこりと暖まれるメニューです。 これは香味野菜のエシャロットとリーク。 ゆっくり炒めたら、イタリア米を入れてさらに炒めて、白ワインを少々。 そこへスープをさしていきます。 スープは今日は鶏の出汁ですが、野菜の出汁もさっぱり綺麗な味。
e0177330_829186.jpg

お米が4分くらい煮えた頃にカボチャを投入! 今日のはバターナッツスクワッシュ。 一緒に火を通していきます。
e0177330_832082.jpg

カボチャのお味が優しい熱々のリゾット、美味しい♪ 
[PR]
by noreservation | 2010-11-24 08:33 | cuisine | Comments(0)

オレンジ風味のバターケーキ、枯れ葉のパイ

今週の木曜日は感謝祭♪ このお休みから新年までの一月、アメリカはどこでもホリデーモードに包まれます。 感謝祭のお持たせにしやすい焼き菓子をいつくか作ってみました。
e0177330_425993.jpg

これは基本のバターケーキにオレンジの皮の擂りおろしを入れたもの。 焼き上がりにグランマニエをたっぷり塗って、香りをつけます。 オレンジの香りが美味しい♪
e0177330_445619.jpg

こちらは練りパイの生地にパルミジャーノレジャーノチーズと黒胡椒を振って、葉っぱの型で抜いたスナック。 作りやすいディアマン(アイスボックスクッキー)。 

この季節のなると、焼き菓子が美味しいです!!
[PR]
by noreservation | 2010-11-23 04:12 | cuisine | Comments(0)

ムール貝のワイン蒸し

ベルギーの代表的なお料理のひとつですが(笑)、飽きがこなくて美味しいです。 トマト味、サフラン風紀、クリーム味と色々応用が出来ますが、やはり白ワインで蒸してレモンを絞るのが一番!
e0177330_148837.jpg

ムール貝は殻を擦るように洗って準備。 髯をひっぱります。 香味野菜はリークとエシャロットのみじん切り。 これをゆっくりとオリーブオイルとバターで炒めて香りを出します。 白ワインをたっぷり注いでアルコールを飛ばしたら、貝を入れて口が開くまで煮立てます。 仕上げにパセリのみじん切りを。
e0177330_14112860.jpg

茹で汁のスープも美味しい♪ 付け合わせにはジャガイモのフライがお約束です(笑)! 
[PR]
by noreservation | 2010-11-22 14:15 | cuisine | Comments(0)

肉じゃが

“おふくろの味”の代表のごとき取り扱いをされている肉じゃがですが.....私は実家では食べた記憶が無いんです(笑)。 実家ではジャガイモといえば粉ふきいもにして缶入りバターをつけるのがサイコー♪ 後はドイツ風に炒めたり、油で揚げたり。 ポテトチップスを作った事もありましたし。 母の時代の洋物料理教室の名残なんでしょうか(笑)?
e0177330_8513970.jpg

材料はジャガイモ、玉葱(繊維にそってごく薄く)、牛肉。 薄切りの手に入らないソルトレイクではステーキ用を半冷凍してスライスすると良いと思います。
e0177330_8585857.jpg

肉じゃがって料理本によって全く異なったセオリーで作られ、仕上げられています。 この辺、和食ではなく、外来料理の名残なんですね。 私は最初にジャガイモを8分通り煮てしまいます。 この茹で汁を使うレシピーもあります。 私の場合は、一旦空にしたお鍋に油をごく少々、玉葱を蓋をかけて蒸し炒め。 そこへ牛肉を入れてざっと炒めたら塩、味醂、薄口醤油を肉に絡めて昆布出しを注ぎます。 地が沸騰したら灰汁を取って、茹でたジャガイモを入れて弱火で20分煮含めて一晩置くと完成。
e0177330_8595035.jpg

仕上げに濃口醤油をちょっと差して。 これは辰巳芳子さんの本からですが、玉葱を切ると端が半月になりますが、これを半月のまま使わず、縦に包丁を入れてから使う事。 これだけの事なのですが、仕上りがぐっと違います。
[PR]
by noreservation | 2010-11-21 09:08 | cuisine | Comments(0)

Beaujolais-Villages Nouveau

アメリカ国内でおそらく最も酒類規制の厳しいユタ州ですが....それでもヴォジョレ.ヌーヴォーはやってきています♪ 
e0177330_13555455.jpg

おフランス勢に”...あれはアメリカと日本に輸出用....”などと陰口を叩かれるヌーヴォーですが、軽い食事ならばさっぱり良いと思うんだけど(笑)。 まあ、フランス国内ではローヌワインの安物の方がヴォジョレ.ヌーヴォーより安くて美味しいかも知れませんね(笑)。 で、今日はピッツァですが、モッツァレラのボリュームを減らして、コンテチーズを使っています。 
e0177330_1433249.jpg

コンテを使うだけで、不思議と普段のピッツァがフランスっぽい味になるのが不思議(笑)! 

アメリカは来週は感謝祭、ターキーとヌーヴォーって良いと思うんですが、どうでしょう(笑)?
[PR]
by noreservation | 2010-11-19 14:12 | cuisine | Comments(0)