<   2011年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Breakfast in the bed

うちではお誕生日の日の朝食はベットまでデリバリー♪というラグジュアリーなイベントがございます(笑)。 おうちルームサービスってとこでしょうか(笑)? で、ちょっと遅れた日程ですが(汗)、主人の誕生日。
e0177330_4455342.jpg

ファーストコース(笑)。 たっぷりの珈琲とオレンジジュース、ヨーグルトに自家製サクランボのコンポート。 このトレイは脚がついてましてベットでゴロゴロしながら朝食というだらし無い朝用(笑)。 
e0177330_4501842.jpg

メインコースはシンプルにオムレツ、カリカリのベーコンとサラダ。 オムレツは塩はフォークの先に乗るくらいの量、卵にミルクを少々入れて、バターは気持ち多めに、半熟に仕上げると美味しいです♪

.....V君、私は彼が大人になったら、時には眠っているパートナーに珈琲をいれて運んであげるくらいの技のある大人(笑)になって欲しいけれど.........どうなんでしょうか(笑)???
[PR]
by noreservation | 2011-01-31 05:01 | cuisine | Comments(0)

ポロ葱の温サラダ

ポロ葱、英語だとLEEK、姿は長ネギですが個性が違います。 日本だと下仁田葱が似ていて、火を通すと独特の甘味が引き立つ美味しい野菜。
e0177330_622324.jpg

塩を入れたお湯で柔らかくなるまで茹でます。 7分くらいかなあ? 茹で汁はリゾットなどで使えますので捨てないで。 ビストロですと長いまま茹でたものが出て来て、これも見栄えが良いのですが、家庭だと少々食べ難いので、私は筒切りで。
e0177330_67172.jpg

ソースはフレンチマスタードを使ったヴィネグレットソース、いわゆるフレンチドレッシングです。 マスタード、塩胡椒、ワインヴィネガーとオリーブオイル。
e0177330_693769.jpg

茹で立てのリークにドレッシングを絡めて♪ これは冷たくしても美味しいけれど、今の季節は暖かく♪
[PR]
by noreservation | 2011-01-30 06:15 | cuisine | Comments(0)

あさりの中華風酒蒸し

........帰宅して冷蔵庫を開けると野菜のストックは殆ど皆無.....やっぱり....という感じです(汗)。 慌てて近所のお魚屋さんに走って、取り敢えずお夕飯用にクラムを買ってきました。 
e0177330_5422833.jpg
 
今日は中華風。 胡麻油に刻んだニンニク、赤唐辛子、弱火でニンニクの香りを出します。 そこへお酒をたっぷり注いでアルコールを飛ばし、お醤油、クラムを入れて口を開かせます。
e0177330_5471114.jpg

仕上げに水溶き片栗粉をさして軽くとろみをつけます。 貝の美味しい出汁が絡んで、ご飯がすすみますね〜♪ お葱か、香菜の刻んだのを添えて、爽やかさを!
[PR]
by noreservation | 2011-01-29 05:49 | cuisine | Comments(0)

New York 点描

1月のニューヨークは基本、一番寒い時期ですが、予想通りというか、極寒の日程に当たってしまいました....(笑)。 多分一番寒い日は零下10℃....私はシカゴに4年おりましたので、驚きはしないけど(笑)。
e0177330_13371059.jpg

e0177330_13375781.jpg

雪の降っている日というのは案外、気温は暖かいんです。 空が冷たく冴えている日は気温が低い。
e0177330_13393811.jpg

こんな寒さですが、私は冬のニューヨークが結構好きなんです。 空気が凛として落ち着いてる。 そしてオペラのシーズンはやはり冬♪
e0177330_1343236.jpg

これはこの冬一番の寒さの日(多分)に観た"Simon Boccanegra"。 風邪で休演だったラモン.ヴァルガスは戻ってきましたが、初日、素晴らしい指揮を披露してくれたレヴァインがやはり風邪で降板。 とはいえこの夜も、胸が一杯になるような素晴らしいパフォーマンス♬   
e0177330_1422182.jpg

今回、3本観る事が出来ましたが、そのどれにも見所があって楽しかったです。 特に“シモン”は忘れられないくらい(笑)♬

日々は殊更に変化もなく、それも嬉しいと思う主婦生活ですが、時に夢をみたくなるのが乙女心(笑)♪ ”赤毛のアン”みたいにね(笑)。 世のご主人方には呆れられるかもしれないけれど、女子には大切なんですよ(笑)♪
[PR]
by noreservation | 2011-01-28 14:06 | New York | Comments(2)

Benoit でランチ♪

今回は連夜のオペラ通いにかまけていて、お食事の方は私としてはかなりあっさりと流しておりました。 写真を撮り忘れた...というのも多かった中(汗)、ブノワではビストロらしいランチが頂けました♪
e0177330_431762.jpg
 
フェネルのスープ♪ この日はひたすら寒かった(多分零下10℃くらいか?)ので、熱いスープが特別に美味しい!!
e0177330_492188.jpg

メインに鴨のコンフィ! 付け合わせのレンズ豆のソースがやはりレストランらしいお味で、家庭や不普通のビストロだと、これは出来ない(笑)。 カリカリ感と鴨の脂の落とし方も調度良いですし。 

.....既に帰宅していますが、からっぽの冷凍庫の中に鴨の脚が眠っています。 コンフィにしよう!! 
[PR]
by noreservation | 2011-01-28 04:17 | New York | Comments(0)

Metropolitan Opera La Traviata

この作品はスーパースター☆アナ.ネトレブコとローランド.ヴィリャゾンが主演したザルツブルグ音楽祭での映像がDVDになっていて、通称”RED HIGH HEEL”版(笑)現代演出のトラヴィアータ。 今シーズン、メトでお披露目です。 こんな感じ。
e0177330_2352923.jpg

ステージは黒い背景とグレーの湾曲した壁。 このグレーの壁に乗れるようになっていて、天井の高さも巧みに使っています。 ポイントに赤とオールドローズのプリント、ヴォイレッタの生命を象徴する大時計がひとつ、ドクター役の歌手がキーになるポイントに必ず配置されています。 女性コーラスも全員黒のスーツにタイの男装、フローラ役のジェニファー.フォロウェーが中々素敵でした(笑)♪ イブ.サンローランのスモーキングスタイルを思わせて、妙なドレスよりむしろセクシー!

私はこの演出は気に入りました♬ 時計など少々”解りやす過ぎる“感じはあるものの、ヴィジュアルにも美しくスタイリッシュです。 

ビミョーなのは......やはり主役陣のキャスティングでしょうか.....? 空間がありますので、余程歌唱に実力のある歌手で、演技もリアル感があって(伝統イタリアン歌姫風ではないという意味で)、かつ出来れば赤いドレスに映える美女力のある人って......そうそういる訳でなないですし.......。

今日、一番良かったのはアルフレッド役のポレンザーニ。 クセの無い素直な歌唱、リアリティーのある演技と存在感で非常に良かったです。 主演のポプレフスカヤが......ビミョーか? 身長も高くステージ映えして見所は多いんですが、歌唱テクが......コロラチューラ技が足りない......。 ステージがミニマルな分、客席は音に集中しますからテクニックが際立つんですね。 おとーさんのドバー氏のテンポも気になりましたし。 
e0177330_3164131.jpg

この演出は好みが別れるところです。 メトロポリタンオペラ衣装部の実力が発揮出来ないお衣装は多少残念だけれど(笑)、近い将来、声と美女力を備えたアジア系DIVAが登場すると、金髪の鬘に19世紀のドレスより、このニュートラルな演出の方が映えると思う。 

で、全然関係ないけれど.......ニューヨークで、ついこれ買ってしまって.....(笑)。 
e0177330_3232665.jpg
 
やっぱ、UGGブーツで安楽に走るだけではイケナイ........(笑)。
 
[PR]
by noreservation | 2011-01-27 03:36 | ballet & opera | Comments(2)

Metropolitan Opera TOSCA

昨シーズンのオープニングでは、新演出が騒がれたルック.ポンディのトスカですが、私はHDでは観ているものの、実際ステージを観るのは初めてです。

今日の話題は何といっても主演のソンドラ.ラドヴァノフスキー!! 私はメトロポリタンやサンフランシスコでも彼女を聴いているのですが、大劇場に響き渡るその大音声は非常にエキサイティングです♪ ベルディに合う人ですが、今回プッチーニのトスカに初挑戦とか。
e0177330_1285327.jpg

プッチーニに精通したパトリシア.ラセットなどにはまだ追いつきませんが、ラドヴァノフスキーにはあっけらかんとした良い意味での単純さ、シンプルさがあって、私は彼女のトスカ、可愛くて良いなあと思います。 “歌に生き...”のアリアなどとても良かった。 テクニカルの弱さとピッチの甘さが一幕で特に気になりますが、これは今後の課題でしょうか。 開幕前のアナウンスでは今日は喉の不調があったようですが、それでもあれだけの声が出てる。

カヴァラドッシはマルセロ.アルヴァレス♪ ラドヴァノフスキーとのバランスも良く、穏やかで素敵な声です♪ 今日、彼はちょっと印象が薄かったんですが、これはスカルピア男爵を歌ったストルックマン氏のせいかも。 バリトンのストルックマン氏、ヨーロッパではリングのヴォータンなど大変な実力の方のようですが、上手い!!! 歌い出しの瞬間から“この人凄い!”とはっきり解る歌手というか(笑)。 歌唱に加えて、演技も非常に巧みで、貴族的でリアリティーのあるスカルピア。 前夜のホロストフスキーやフルラネットもそうですが、低音系パワー炸裂が続きます(笑)。

プロダクションですが....私には特に印象に残らずで、ある意味、騒がれるような演出でも無いような....。 一幕と三幕はそこそこ巧く纏まっていますが、二幕のステージがミニマルでも無し、装飾的でも無しで妙に中途半端。 この”半端さ”ゆえに落ち着かない印象が残りました。
[PR]
by noreservation | 2011-01-27 02:09 | ballet & opera | Comments(2)

Breakfast at Mandarin Oriental

数日間、放置状態が続きましてごめんなさい(汗)! 昨夜、ユタ州に帰ってきました。 今朝はまだ夢心地ですが......既にいつも現実に囲まれてアジャスト中.......(涙)。 

マンダリンオリエンタルホテルのレストランはセントラルパークが見渡せる素敵な眺め。 冬の朝の光がたっぷり差し込んで穏やかな雰囲気です。
e0177330_1143766.jpg

真っ白なリネン♪ ピンクのストロベリースムーシーと珈琲の香り♪
e0177330_1163587.jpg

ふんわりカリカリのワッフル〜♪ メープルシロップもきちんと暖めてあります。 ず〜っと眺めを観ていたい感じ。
[PR]
by noreservation | 2011-01-27 01:19 | New York | Comments(0)

Saks Fifth Avenue

久々にデパートに寄りました(笑)。 冬物のセールは殆ど終わっていましたが、残っているモノは75%オフなんて値札がついています(笑)。 9階まである老舗のデパートを駆け巡った後はちょっとスナック♪ ここはデパート内の5階にあるカフェです。
e0177330_1572036.jpg

これ、お写真だとどーんとしてますが、可愛いサイズのロブスターサラダのサンドイッチ!
e0177330_1583517.jpg

ミニバーガー3個セット♪ ミニとはいえ、お肉の焼き加減は上々で中々美味しい♪
[PR]
by noreservation | 2011-01-24 15:11 | cuisine | Comments(0)

Metropolitan Opera Simon Boccanegra

Metropolitan Opera、劇場で観るのは一年振りになるでしょうか.....多分、”ホフマン物語”以来だと思います。 METの空気を感じるのはやはり嬉しい〜♬

この日は”シモン.ボッカネグラ”のシーズンプレミアで賑やかな夜です。 この作品は昨年、本来テナーのドミンゴがチャレンジ、HD映像にもなりましたが、今年のキャスティングは凄い! 主役にホロストフスキー、対するフィエスコにフルラネット、アメリアにフリットリ、アドルノにヴァルガスの豪華キャスト!!! .....が、ヴァルガスは風邪で降板、ピンチヒッターにメトデビューのビアジオ氏。 声も姿も素敵な人ですが、歌い始めたのは4年くらいで元はプロのフルート奏者という変わり種のようです(笑)。
e0177330_1401944.jpg

ホロストフスキーはベルディマスターのフルラネット氏を凌ぐパフォーマンスでニューヨークタイムズ評でも絶賛されてました。 
e0177330_1474810.jpg
 
レバインの指揮も冴えてました!! マエストロ、お元気そうで嬉しい♪
[PR]
by noreservation | 2011-01-24 14:10 | ballet & opera | Comments(2)