<   2011年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

蛤とイカのリングイネ

魚介のパスタです。 貝だけでも充分美味しいのですが、今日は小イカがありましたので、混ぜてみました。 アサリや蛤を使うと手早くて美味しいソースになります。
e0177330_9172665.jpg

最初にニンニクのみじん切りと赤唐辛子をオリーブオイルでゆっくり炒めて香りをだします。 イカを入れて火が通ったら、一旦、イカだけ取り出します。 そこへ白ワインか日本酒をたっぷりと差して貝を入れ、強火で口を開かせます。 貝が開いたらイカを戻して温めて出来上がり。 
e0177330_9205019.jpg

茹でたてのリングイネとパセリのみじん切りをざっと合わせて。 
[PR]
by noreservation | 2011-11-30 09:22 | cuisine | Comments(0)

Left-over Sandwich

感謝祭のローストターキーですが、残り物のレシピーもバラエティーが豊富です(笑)。 お正月のお煮しめの残りをどう工夫して頂くか、みたいな遊び心があるんですね(笑)。
e0177330_10312449.jpg

これは定番のサンドイッチ! バターを塗ったバケットにターキー、そして不思議ですが、スタッフィングの残りも重ねて、グレービーを少々。 オーブンで温めて頂くと、中々美味しいです♪
[PR]
by noreservation | 2011-11-29 10:35 | cuisine | Comments(0)

アフタヌーンティーのサンドイッチ

お昼にガツンと頂くサンドイッチと違って、午後のお茶用のスナックのサンドイッチは上品に、具はちょっと豪華に、が合うようです。 キュウリの薄切りが美味しいのですが、今の季節のきゅうりはイマイチですので、ローストビーフ、スモークサーモンとセミドライトマトを使いました。
e0177330_8553355.jpg

お茶用のスナックは一口で頂けて、手も余り汚れず、というのが基本。 あれこれ挟むと、中味が崩れますので、パンに塗るスプレッドをちょっと工夫します。
e0177330_8574065.jpg

最初はこれ。 ローストビーフはごく薄切りに。 良く火が通っている部位が良いと思います。 合わせるのは刻んだクレソンを混ぜたバター。
e0177330_859527.jpg

これは市販のスモークサーモン。 クリームチーズに予め刻んだケイパーを混ぜておきます。
e0177330_914546.jpg

これはオーブンでセミドライにしたトマト。 これはブルサンのガーリックハーブ味のチーズを塗っておきます。
e0177330_963891.jpg

e0177330_932188.jpg

こういう薄切りパンのサンドイッチは作ってからラップをしてちょっと冷蔵庫で寝かせておくと、パンと具が馴染んで崩れ難いです。
[PR]
by noreservation | 2011-11-28 10:33 | cuisine | Comments(0)

栗のバターケーキ

今年のデザートは栗の蜜煮入りのバターケーキです。 分量は卵4つを白身と黄身に別けて、別立てしてから合わせるタイプで、この方がベーキングパウダーを使うより、やはりしっとりと重く、美味しいような気がします。 配合は卵4/薄力粉 180g/バター 180g/砂糖 180gのカトルカールの分量が基本ですが、バターとお砂糖は少々減らしても大丈夫(笑)。  今日は生地にも栗のペーストを混ぜてみました。 
e0177330_1511168.jpg

焼き上がりにラム酒をたっぷりと塗って!
e0177330_1522169.jpg

一年中、作ろうと思えば作れるものですが、やはり栗の季節に相応しいですね(笑)♪
[PR]
by noreservation | 2011-11-27 15:05 | cuisine | Comments(0)

ターキーとドレッシング

七面鳥、本来はお腹に詰め物、スタッフィングをして焼くものなのですが、これはアメリカでは主流ではなくて、別に作って添えるのが一般的だと思います。 別に焼いて添えたものはドレッシングと呼ばれます。
e0177330_6311158.jpg

バケットは3日くらい前に角切りにして乾燥させておきます。 堅くなったパンの上手な再利用法(笑)! 仕上げる当日、これに牛乳をたっぷりかけてふやかします。
e0177330_6341716.jpg

5ミリ角くらいに切ったタマネギ、セロリを炒めて、そこへ牛挽肉少々とソーセージを加えて、さらに炒めます。 これを牛乳でふやかしたパンに混ぜて、パセリのみじん切り、塩胡椒で味を整えます。
e0177330_637793.jpg

オーブン皿に移して、350℉(175℃)のオーブンで1時間。 中味がふんわり、しっとりと、表面がちょっとカリッと。
e0177330_6401966.jpg

ターキーというのは本来ぱさぱさした鶏ですので、こういうしっとりしたドレッシングやマッシュポテトと相性が良いです。
e0177330_6425676.jpg

焼きたては美味しい♪
e0177330_644239.jpg

[PR]
by noreservation | 2011-11-26 06:44 | cuisine | Comments(0)

感謝祭の食卓

アメリカの感謝祭は何はおいてもターキー、七面鳥がなければいけません(笑)。 お正月のお雑煮のようなもので、ローストビーフの方が美味しいね、と心では思ってもターキーです(笑)。

今年は“小さめ!”と言って頼んでも、やはり6キロ、12lbの巨大鶏とつき合う事、2時間半。
e0177330_1422830.jpg

とにかく、これさえ失敗しなければ何とかなります(笑)。
e0177330_1434280.jpg

後数日は、この感謝祭のテーブルネタを引っ張りたいと思います(笑)!
[PR]
by noreservation | 2011-11-25 14:04 | cuisine | Comments(0)

焼き栗の季節

栗が出回っています♪ 今年もダウンタウンのイタリアングルメストアーのトニーカプートにイタリアからの輸入栗♪

一晩水に浸けてから殻に切り目を入れて、ホイルで包んでオーブンへ。
e0177330_10165184.jpg

ホクホクと甘くて美味しい〜♪

そして栗の季節は”くるみ割り人形”の季節。 V君、背が高くなってきているので、パーティーボーイ役も今年が最後かなあ.....。
e0177330_1019495.jpg

明日は感謝祭、巨大鶏、七面鳥の準備で今日はアワアワとしておりました.......!!
[PR]
by noreservation | 2011-11-24 10:23 | cuisine | Comments(2)

キノコのグラタン

ごっついお肉料理を頂いた翌日、メニューは野菜とパスタです(笑)。
e0177330_111471.jpg

キノコを3種類くらい、玉葱のみじん切りとニンニク少々で炒めます。 これにホワイトソースと茹でたペンネを混ぜてグラタンに! 
e0177330_1134176.jpg

胡椒をきつめに利かせると美味しいです。 グリエールチーズをたっぷり掛けて焼きました。
e0177330_1153057.jpg

キノコはお味が出るので、肉類がなくてもコクがあって美味しく出来ます。 付け合わせに法蓮草の炒め物。
e0177330_117165.jpg

もう一品、バターナッツスクワッシュのスープです。 キノコの茶色と法蓮草の緑、カボチャのオレンジで何となく食卓も華やか♪
[PR]
by noreservation | 2011-11-23 11:08 | cuisine | Comments(0)

ローストビーフ

骨付のリブアイが特価セールでしたので、奮発しました!! 塩胡椒をたっぷりとまぶし付けてオーブンへ。 私は最初425°Fで20分焼いたら、350℉に下げるやり方です。 
e0177330_12581083.jpg
 
これで3.8lbくらいの塊。 1時間半くらいで焼き上がりです。 20分くらい休ませてから包丁を入れます。
e0177330_130407.jpg
 
焼きすぎない限りは失敗のない、素直な素材です。 ローストを良くなさる方でしたら、温度計を入れて中央が130℉くらいでミディアムレア。 あるいはステンレスの串を中央へ差してみて、抜いてから唇に当てます。 暖かく感じれば焼き上がり。 熱いと焼き過ぎ。 冷たいと焼きが足りない。 これでかなり正確に焼けます。
e0177330_136497.jpg

牛肉は苦みのあるグリーン(クレソンやルコラなど)と相性が良いです。 山葵も美味しい♪
[PR]
by noreservation | 2011-11-22 13:07 | cuisine | Comments(0)

シナモンロール

久々にシナモンロールを作りました♪ パンとお菓子の中間くらいの甘さが、朝ご飯に良し、珈琲とおやつに良し♪
e0177330_14313985.jpg

バターロールの生地を平たく伸ばしてバターを塗り、シナモンとお砂糖を少々。
e0177330_14333785.jpg

くるくるっと巻いて筒にしてから、縦に輪切りにします。 ここで2次発酵。 膨らんだら上にあられ糖をたっぷりと!
e0177330_14352771.jpg

焼いている間もシナモンの甘い香りが漂います。 
[PR]
by noreservation | 2011-11-21 14:37 | cuisine | Comments(0)