<   2013年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

カフェリエジョワ

珈琲味のパフェって感じでしょうか? アイスクリームが美味しい季節になりました。 これはエスプレッソのビターな味が際立って、食後にピッタリのデザート。
e0177330_9521596.jpg
 
グラスの一番底に冷やしておいたエスプレッソ、珈琲味のアイスクリーム、一番上にはポイップした生クリームを! ここにラム酒とか珈琲のキリュールを加えますと、ちょっと格上げの大人の味になります。
[PR]
by noreservation | 2013-06-29 09:55 | cuisine | Comments(0)

サントロベ風タルト

タルトトロパネーゼ、今度は大きく焼いてみました。 直径で25センチくらい。
e0177330_4333267.jpg

生地はブリオッシュ生地、表面にあられ糖を沢山ふって焼きます。 これだけでも結構美味しい(笑)。
e0177330_4345865.jpg

クリームはホイップした生クリームとカスタードクリームを混ぜたもの。 もう間違いの無い美味しさって感じですね(笑)。
e0177330_4361928.jpg

見掛けは少々地味なんですが、家庭的で可愛いお菓子♪
e0177330_4374528.jpg

作った当日はともかく、残りはどうしよう。 クリームは冷蔵が必要ですし、ブリオッシュ生地はバターが多いので、冷蔵庫に入れると翌日の味はどうかなあ、と心配だったのですが、パン生地がクリームの水分を吸ってしっとりと、思いのほか、美味しかったです。
[PR]
by noreservation | 2013-06-28 04:39 | cuisine | Comments(0)

ブランジーノのオーブン焼き

イタリアとかギリシャで好まれるブランジーノ。 繊細で美味しいお魚です。 オーブンでも何とか美味しくロースト出来ます。
e0177330_21242485.jpg

こつは下処理の段階で、レモン汁を軽く絡めておく事。 これで魚臭さがかなり収まります。 お腹にハーブを詰めて、全体に塩胡椒。 天板にオーブンシートを敷いてからオリーブオイルを塗り、ごく薄切りのジャガイモを並べて塩胡椒したら魚を載せたら、上からもオリーブオイル。

425°Fのオーブンで25分くらい。 付け合わせも一緒に出来るのが良いですね♪
[PR]
by noreservation | 2013-06-26 21:29 | cuisine | Comments(0)

豆と夏野菜のカレー

カレーに夏野菜を多く使う場合、私はむしろ野菜だけ、というのが好きなんですが、子供もおりますので、蛋白質は撮らせたい。 これは下茹でした白豆を使ったカレー。
e0177330_22113078.jpg

カレールウは炒めた玉葱、ニンニク、生姜と小麦粉、ここにターメリック、クミンシード、ガラムマサラ、カイエンヌペパーを混ぜて使っています。 唯、夏野菜の場合、小麦粉を使わずさらっと仕立ても美味しいと思う。  これは鶏出汁を使っていますが、ベジタリアンの場合、豆の煮汁を使うと味がしっかりします。 トマトを足してちょっと煮込んでから、豆を加えます。
e0177330_22171493.jpg

添え野菜はズッキーニとベルペパー、オクラ、今が旬のグリーンピー。 ズッキーニは水に浸けて灰汁抜き、ベルペパーと一緒にオリープオイル少々をふって、オーブンで焼いておきます。 カレーソースに直接加えますと、少々崩れやすいので、この方が無難。 オクラは下茹で。 グリーンピーは仕上がりに加えて火を通します。
e0177330_22213335.jpg

いつものカレーですが、ちょっと季節感が出て来ました♪
[PR]
by noreservation | 2013-06-25 22:23 | cuisine | Comments(0)

夏向きの豚汁

これは料理研究家の富田ただすけさんのアイディアから。 レシピーは雑誌掲載用のようでしたので、アイディアだけ頂いて(笑)、行程は自己流です。

材料はすっかり夏仕様に!!
e0177330_8341646.jpg

ニンジン、オクラ、そしてズッキーニを使います。 半月にして水に晒して灰汁抜きを。
e0177330_835364.jpg

茗荷は薄切りにしてこれも水に晒して、水気を切っておきます。 おろし生姜はたっぷりと。

最初に胡麻油少々でニンジンを弱火で蓋をかけて蒸し炒めに。 透き通ってきたらズッキーニを加えて炒めます。 材料を鍋の片端に寄せて、空いた部分で豚肉にさっと火を通して、ざっと混ぜたら出汁を足して、材料を軽く煮込みます。 仕上げにオクラを加えてから八丁味噌で味を決めます。
e0177330_8394833.jpg

生姜をたっぷりのせて、茗荷をあしらって。
e0177330_8404978.jpg

吸い口は山椒でも、黒胡椒でも合います。 
[PR]
by noreservation | 2013-06-24 08:41 | cuisine | Comments(0)

苺のショートケーキ

オンタリオ産の苺が店頭に並び始めました! 中々オーガニックはないのですが、熟していてジューシー♪
e0177330_21475532.jpg

スポンジケーキから! 共立て、別立てと卵の扱いが2種類あります。 日本風のショートケーキの場合はしっとりと仕上がる別立てが向いています。
e0177330_21501352.jpg

苺とクリームはたっぷりと!
[PR]
by noreservation | 2013-06-21 21:50 | cuisine | Comments(0)

鶏腿肉の醤油麹漬け

これは醤油麹。 麹にお醤油を注して置いておくだけなんですが、お漬け物には活用しやすい。
e0177330_2157376.jpg

塩麹、醤油麹と麹さえ手に入れば簡単に作れます。 が、使用する麹の状態や質は影響すると思います。 これはトロントのサンコーで買った冷凍麹ですが、発酵するまでは時間がかかってる気がする。
e0177330_2211362.jpg

これは鶏腿肉を漬けたもので、案外濃い味にならずに仕上がります。 本当は炭火のバーベキューなんかで焼いてみたいけれど(笑)!!
[PR]
by noreservation | 2013-06-19 22:03 | cuisine | Comments(0)

自家製ハーブのオープンサンドイッチ

ベランダのハーブは元気に育っております(笑)。 やはりイタリアンパセリは種が強いのか、増え続けて、寄せ植えのローズマリーを駆逐しているので、植え替えなくては(汗)。
e0177330_392760.jpg

どんどん、収穫してタルティーヌに! ポイントはパンを上手に焦がす事。 スプレッドは何でも良いと思います。 この日はブルサンを使用。 
e0177330_3112969.jpg

卵を添えるとブランチに! V君は固ゆでが好きですが、本当は半熟だと美味しいと思う(笑)。
[PR]
by noreservation | 2013-06-17 03:12 | cuisine | Comments(0)

サクランボ入りのバターケーキ

トロントは地のものでは苺が出盛りになりつつあります。 サクランボはその後ですが、スーパーマーケットではカリフォルニア産が出回っていて特価品。 
e0177330_11451417.jpg

本当は地のものを待ちたいところですが、余りお安かったのでつい手出しをしてしまい(笑)、一部は種を抜いてお砂糖少々とブランデーでマリネ。
e0177330_11465961.jpg

バターケーキに混ぜて焼いてみました。 これは基本はカトルカール(全ての材料が同量)ですが、卵3個(小さいもの)、バター100g(ちょっと少なめ)、お砂糖80g(かなり減量)、小麦粉120g(基本の数字)の配合で、私は黄身と白身を分けてから、メレンゲを混ぜる方法で作っています。 ベーキングパウダーは必要なし。 しっとりとした焼き上がりです。
[PR]
by noreservation | 2013-06-14 11:51 | cuisine | Comments(0)

鯖の柚子香焼き

トロントでは最高級品に匹敵する青柚子、日系食料品店で見掛けて、つい手を出してしまいました(汗)。 胡麻豆腐なんか作ってぜひともこの青柚子の皮を散らしてみたいですが、取り敢えずこの一品。
e0177330_11514339.jpg

鯖は三枚におろして塩を振って冷蔵庫で一時間くらい置いて、水気を拭き取ります。 包丁で切り込みを入れ、ここへ柚子の皮を差し込んでオーブンへ。
e0177330_11545219.jpg

頂き際に柚子の絞り汁も少々。 鯖の格がぐっと上がります。 レモンでもそれなりに美味しいけれど、やはり柚子って特別!!
[PR]
by noreservation | 2013-06-13 11:56 | cuisine | Comments(0)