<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ミートボール

アメリカですと、ミートボールはサンドイッチに挟まれたり、スパゲッティにのったり、という扱いをされやすいのですが(笑)、今日は大きめのを作って、メインの一皿に!
e0177330_21491062.jpg

私は子牛の挽肉を使うのが好きです。 配合は色々ですが、これは玉葱、にんにく、パセリのみじん切りと卵ひとつ。 多めの油で揚げ焼きにしてから油気を切って、トマトソースで煮込みます。
e0177330_21523145.jpg

付け合わせにマッシュポテト!
[PR]
by noreservation | 2014-05-30 21:52 | cuisine | Comments(0)

ハンガーステーキとハーブソース

いきなり夏真っ盛りのような陽気が続いたトロントですが、今日は雨曇りでまたちょっと肌寒い。 この季節は服装がヤヤコしいですね(笑)。 
e0177330_21101974.jpg

ベランダハーブも順調に育っています(笑)。 イタリアンパセリ、パセリ、シブースト、オレガノ、マジョラムを収穫して、グリーンソースに。
e0177330_2182886.jpg

ハーブ類は刻んで、好みでナッツ類とかにんにくを混ぜて、塩とオリーブオイルを足します。
e0177330_2115337.jpg

これはステーキ肉でもハンガーステーキと呼ばれている部位で、腹身の一部。 リブなどよりはお安く、肉らしさがあって家庭向き。 角形というか、厚みがありますので、表面を焼き付けてからオーブンで火を通すか、写真のように中央に包丁を入れて開いてグリルします。 これ、お肉屋さんではバタフライと呼ばれる切り方。 

e0177330_21204763.jpg

ステーキですのでフライも! 拍子木に切りましたら水にさらして、表面のでんぷんを流します。 水気をしっかり取ってから、素揚げに。
e0177330_21234180.jpg

揚げ物は後始末がメンドーですが(溜息)、レストランなどはどうしても油が疲れているお味がしますので、たまには家でも。 出来立てはあっという間になくなってしまいます(笑)。
[PR]
by noreservation | 2014-05-28 21:27 | cuisine | Comments(0)

鯛のオーブン焼き

私の様な高層のアパート生活ですと、一尾の魚を料理する場合、グリルはやはりちょっとコワイ。 匂いもですが、火災報知器がなりそうで(溜息)。
e0177330_393034.jpg

オーブン焼きですと、その辺気楽です。 天板にオリーブオイルを塗ってから、じゃがいものスライスを並べます。 塩胡椒してから、準備した鯛を。 鯛は大抵はお腹を抜いた状態で売られていますので、中を綺麗に洗ってから水気を拭き取って、塩胡椒、お腹にハーブ類やレモン、オレンジの薄切りを詰めて、塩胡椒。 上からオリーブオイルをかけて、オーブンは400℉で20分くらい。
e0177330_3134980.jpg

上面は皮もパリッと美味しく頂けます。 下の方は皮は蒸されて頂くにはイマイチですので、取り分ける際に取り除いてしまいます。
e0177330_3162350.jpg

レモン汁でも美味しいですし、これはハーブを刻んで塩とオリーブオイルと合わせたグリーンソース。
[PR]
by noreservation | 2014-05-27 03:17 | cuisine | Comments(0)

アーティーチョーク

最初にこれを食べた人は勇気があったと思います.....(笑)。 動物などが食べているのを観察していて、イケル!と判断したのでしょうか?
e0177330_1156936.jpg

アザミですから雑草的生命力があって、強い。 がくの先に棘がありますので、これを鋏で切り落とします。
e0177330_1204958.jpg

上の方は思い切ってざくっと切り落として水洗い。 レモンの輪切りと一緒に30分くらいかなあ、茹でて、水気を切ります。
e0177330_1213373.jpg

がくを外して、オリーブオイルと塩とかフレンチドレッシングなどつけて、根元の部分を歯でしごく感じで頂きます。
e0177330_1234264.jpg

がくを食べ終わるとこんな感じ。
e0177330_1254551.jpg

これをスプーンで繊毛ごとすくい取ります。
e0177330_1261371.jpg

これがアーティーチョークボトム。 ホックリして美味しい部分です。 アーティーチョークは泌尿器官への効能があると言いますし、手で頂けて面白い前菜ですので、手に入る方はぜひ!
[PR]
by noreservation | 2014-05-25 12:08 | cuisine | Comments(0)

オールドファッションストロベリーショートケーキ

苺のショートケーキと言ったら、日本ではふんわりしたスポンジケーキに生クリーム、苺が不動ですが(笑)、アメリカで、もしオールドファッションがついてましたら、むしろこちらです。
e0177330_7337100.jpg

少々大きめに焼いたスコーンにクリームと苺を挟んだもの。 日本のショートケーキとは別物ですが(笑)、元の名前はこれに由来するのでは(笑)?
e0177330_74568.jpg

旬のジュワッとした苺ならこのままでも美味しいですし.....
e0177330_771942.jpg

苺ソースをかけて、生地が滲みた感じも美味しい♪
[PR]
by noreservation | 2014-05-23 07:07 | cuisine | Comments(0)

鶏挽肉と高菜、搾菜の炒め物のレタス巻

1970年代のニューヨークで活躍したモデル、宝石デザイナーのティナ.チョウを、今知ってる方は少ないでしょうね(笑)? アメリカ人ですがお母様が日本人で、資生堂のCMにも出ていたり。 40代そこそこで亡くなっていますが、それは美しい人でした。
e0177330_10381192.jpg

彼女のご主人がニューヨークで流行っていたレストラン、ミスターチョウのオーナーのチョウ氏で、そこの人気メニューにこれがありました。
e0177330_10403119.jpg

鶏か豚の挽肉に、生姜、にんにく、葱、みじん切りの高菜、搾菜を炒め合わせて、お酒とお醤油、胡椒で味を整えます。 最後に胡麻も混ぜて。 
e0177330_1043943.jpg

これがポイント! 水に浸けてパリッとさせてから水気を切ったレタスに炒め物を包んで、豆板醤とか甜麺醤を好みで足してくるっと巻いて頂きます。 食感の助けとしてお茶漬けあられを少々。

味はしっかりしていますが、野菜を一緒に頂く感じが、当時受けたんでしょうか? アンディーウォーホールとかミックジャガーとか、ニューヨークのセレブリティーで盛り上がっていた店だったそうです。 私がいた頃もまだありましたが、当時の勢いは無かった様な。
[PR]
by noreservation | 2014-05-20 10:48 | cuisine | Comments(0)

クラムの酒蒸し oishii

今年のトロントはカナダ人でもいぶかる春の遅さで、きょうは12℃。 ハイパークの桜も、迷ったままで春を迎えてしまったのか、”えっと〜?”的な咲き具合だったのか、満開の華やぎ前に葉桜に....(涙)。

という感じですので、気持ちはまだ春先の私は貝のメニューがやたらと頭に浮かんできます(笑)。
e0177330_5511863.jpg

これはさっぱりと日本風です。 日本酒と良く洗った貝を煮立てて、口が開いてきましたら薄口醤油を少々。 仕上げに三つ葉を。 香菜でも合います。 
e0177330_5532719.jpg

仕上がりにうっすらと片栗粉でとろみをつける方法もあります。 煮汁が絡んで、これも美味しい。
[PR]
by noreservation | 2014-05-19 05:54 | cuisine | Comments(0)

こごみと野菜の盛り合わせ

遅かった春を追いかけるように春野菜が出始めています。 こごみも!
e0177330_10281088.jpg

丸まった葉の部分を広げて洗うのが少々メンドウですが(笑)、姿も春らしいこごみ♪ 熱湯でさっと茹でて、水気をきっちりと切ります。 出汁で割った地でお浸し、というのが一番美味しいけれど、洋風ですとこんなふうにも!
e0177330_10314465.jpg

ニンジンとセロリアックはスライサーで細切りにしてから、レモン汁、白ワインヴィネガー、オリーブオイルでマリネ。 さやいんげんは茹でて、ヘーゼルナッツと和えています。 蕪は水にさらしてから、レモンと塩、オリーブオイルでさっぱりと、キュウリは塩で水出ししてから、マヨネーズとグリークヨーグルトで和えたもの、こごみは塩とお酢少々と胡麻油で! 

ニンジンには胡桃やレーズン、クコの実を混ぜても合いますし、セロリアックと青リンゴというのも定番です。 
[PR]
by noreservation | 2014-05-16 10:37 | cuisine | Comments(0)

行者にんにくの醤油漬け

これは冬を越したファームマーケットに一番早く出回る野菜で、ニューヨークなら2月に終わりには見掛ける年もあるくらいですが、今年のトロントはねばる冬将軍に季節感も狂い気味。 それでもようやく行者にんにくをみつけました!!
e0177330_23164112.jpg

これは最初はお醤油漬けが一番♪ 洗ってからしっかりと水気を切って、お醤油に漬け込みます。
e0177330_2318420.jpg

漬けたお醤油ですが、少々クセはありますが、サラダのドレッシングなどに応用出来ます。
e0177330_23205388.jpg

行者にんにくのお醤油漬けは温かい御飯が一番(笑)! 漬かり過ぎは刻んで炒飯に。 鈴蘭と似てますので、自生の場合は注意を。 鈴蘭は愛らしい花ですのに、食用には毒がありますので。
[PR]
by noreservation | 2014-05-14 23:24 | cuisine | Comments(0)

カスタードプリンとプルーンのワイン煮

繊維質の高いプルーン、そのままでも頂けますが、赤ワインとオレンジジュース、シナモンで煮ておくと重宝します!
e0177330_21494364.jpg

スペインですと、このシロップが咳止めに良い、なんて言いますね。 行楽のお弁当にも詰めやすいですし、チーズプレートとも合うと思います。

これが添えられると、普段のプリンが格上げになる.....(笑)
e0177330_21534669.jpg

プリンですが、家で作るのでしたらカラメルはギリギリまで焦がす方が美味しいです。 市販のは苦みを避けるように薄く仕上げてありますが、あれだと香りが弱いんですね。 これは卵3個に対して、牛乳500g、お砂糖大さじ3。 蒸気の上がった蒸し鍋で、強火で3分、弱火に落として20分。 火加減にも寄りますが、これでスの無いつるんとしたプリンになります。 客用でしたら、黄身を足す方法もありますが、白身が余りますので、家ではこのくらいの軽さでも良い様な気がします。 
[PR]
by noreservation | 2014-05-13 21:59 | cuisine | Comments(0)