<   2014年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ラム挽肉の串焼きグリルとピタパン

ラムは他の食肉と較べると一般にグラスフェド、牧草だけを食べて育てられている為、成牛などよりヘルシーです。 部位によっては筋が多いので、煮込みなどにも適していますが、挽肉も使いやすいと思います。 ニンニク、玉葱、パセリを混ぜ込んで串焼きに。 クミンパウダーなど、スパイスを利かせるのも美味しいです!
e0177330_1049299.jpg

パンは生地はナンなのですが、ピタ風に。
e0177330_10515476.jpg

緑のソースはアボカドに香菜とライムジュースを混ぜて、ブレンダーで撹拌したもの。 紫玉葱のマリネと、赤いのはハリッサという北アフリカの唐辛子のベーストで、これとラム肉は良く合います! 
[PR]
by noreservation | 2014-06-30 10:54 | cuisine | Comments(0)

ムール貝、チョリッソと野菜のパエラ

気温が上がってきているせいか、頭に浮かんで来るメニューはスペイン料理とかギリシャ料理、メキシコ料理、不思議なものです(笑)。 

これはムール貝を軽く炒めたエシャロットと白ワインで蒸して貝から出したもの。 この出汁をベースにしてパエラにします。
e0177330_5282899.jpg

ベルペパーとインゲン、あればグリーンピーも準備。 最初にニンニクのみじん切りとチョリッソソーセージを炒めて、ペパー類とインゲンを加えて炒めます。 お米は洗わずに投入、油をしっかりと絡めてからサフランを溶かし込んだムール貝の煮汁(水で分量を調整)を加えて炊き上げます。 最後の5分くらいに蒸したムール貝の実を加えます。
e0177330_5322437.jpg

レモン汁をぎゅっと絞って!
e0177330_5325012.jpg

これと冷えたサングリアは相性良し♪
[PR]
by noreservation | 2014-06-27 05:32 | cuisine | Comments(0)

田舎風パテ

先日、トロントのH先生のクラスで習って来た配合でパテを作ってみました! パテは過去にあれこれ試しているのですが、脂の配合がコワかったりで(汗)ビミョ〜な仕上がりだったり。 これは手軽な材料で美味しく出来ました!
e0177330_2592298.jpg

配合は豚挽肉2に対して鶏挽肉1。 下味として炒めた玉葱、炒めたマッシュルーム、パセリとスパイス類、繫ぎに卵。 豚挽肉は私の買ったものはリーン(脂身が少ない)でしたので、ベーコンのみじん切りを追加。 この状態で一晩置いて、味を馴染ませるそうです。
e0177330_324184.jpg

湯煎にしてゆっくり低温で焼きます。
e0177330_335692.jpg

サンドイッチでも、オープンサンドでも美味しい♪
e0177330_353511.jpg

酢漬けの紫玉葱、市販のコルニション、ケイパーベリーなどを添えて! これにロゼワインで野外で食事、なんて良いですね♬
[PR]
by noreservation | 2014-06-25 03:07 | cuisine | Comments(0)

フォカッチャ

トロントは夏らしい陽気が続いています。 気温が上がると、こういうちょっとスナック風の軽い夕飯が頭に浮かんで来るんですね(笑)。
e0177330_717195.jpg

ミニトマトやオリーブ、ベランダで育っているハーブ類を混ぜたフォカッチャ!
e0177330_718273.jpg

やはり高音のオーブンの下段で、というのが良いみたい。
e0177330_7192627.jpg

フォカッチャ自体にお味がありますので、おかずは簡単なもので充分だと思います。 プロシュートとか季節の野菜など。 
[PR]
by noreservation | 2014-06-23 07:28 | cuisine | Comments(0)

家庭風の苺のタルト

苺はスーパーマーケットには一年中ありますが、ローカルの苺はやはり美味しいです♪ 甘さはまちまちでもじゅわっと熟していて、スプーンでも潰せる柔らかさ! こういうのはそのまま頂きたいので、タルトにしました。
e0177330_6381968.jpg

生地はバター70g/薄力粉150g/オイル大さじ半分/ミルク大さじ3/塩ひとつまみ。 粉とバターを砂状に合わせてから水分を足して生地をまとめます。 
e0177330_6424057.jpg

温めて緩くしたイチゴジャムを刷毛で生地に塗ります。 
e0177330_745773.jpg

あとは苺を並べて、上からもジャムを塗って、粉砂糖でお化粧したら出来上がり♪
e0177330_755411.jpg

頂く時はクリームを添えて! 生地が水分を吸いますので、タルトだけ焼いておいて、仕上げは頂く間際が美味しいと思います。 
[PR]
by noreservation | 2014-06-21 07:07 | cuisine | Comments(0)

夏野菜のカレー

地物の旬というのとスーパーマーケット的旬というのは、野菜によっては2ヶ月くらいのズレを伴うもので、地物の旬は今時分はアスパラ、苺、リュバーブ、芍薬の花で、豆類がちょっと出始めているところ。 スーパーにはカリフォルニアとかフロリダ産が入ってきますので既にサクランボや桃類が山積み。 こういう長距離移動モノには出来るだけ触らず、地物の旬を待つ、というのが一番賢く、美味しい......のですが、つい目に入ってしまったので、フェイントして(汗)茄子とズッキーニ、ベルペパーを購入。
e0177330_5114845.jpg

本来、こういう瓜系の野菜は夏も後半くらいで、ズッキーニの方が旬が早いです。 トマトも夏の終わり頃ですし、ペパーの類いは晩夏くらい。 オリーブオイルと塩胡椒を絡めて、オーブン焼きにします。
e0177330_5175320.jpg

旬が待ちきれなかったのは、カレーと合わせたかったので.....(笑)。
e0177330_5203437.jpg

カレーソースは牛肉のショートリブと大根で煮込んであります。 こういう野菜は崩れますので、頂き際に各自で混ぜると野菜の旨味と甘味がカレーと合って、中々美味しい♪ 湿度が上がってきてますので、カレーなどスパイスの効いたお料理が欲しくなるんですね(笑)。
[PR]
by noreservation | 2014-06-19 05:22 | cuisine | Comments(0)

フランクステーキ

先日の父の日、夕飯は何にしようかと近所のお肉屋さんで見掛けたのがパックされたフランクステーキでした。 フランクは日本語だと腹身に相当するかと思うんですが、肉質としては繊維が長く通っていて、脂身が少なく、肉らしい部位。 リブアイやサーロインのように柔らかく、均等な部位ではありませんが、牛肉らしい質感のある美味しい部分です。 お値段もお安め。 
e0177330_8411152.jpg

結構、大きいですね(汗)。 実はこれ、和牛の腹身なんです。 私は和牛のリブのステーキというのは少々諄い(そしてオソロシクお高い...)気がしますが、淡白なフランクなら良いかも?と思って買ったもの。 お値段はさすがに普通のフランクの2倍以上でしたが、それでも和牛で無い一般のリブよりお安いというところ。 
e0177330_8475136.jpg

フランクは一晩、冷蔵庫でマリネすると美味しいです。 ハーブ類と潰したニンニク、レモンの皮、オリーブオイル少々。 塩は入れません。
e0177330_8492754.jpg

冷たい塊は焼き難いので、グリル前一時間くらいを目安に室温に戻します。 直前に塩胡椒してグリルパンで火を通します。
e0177330_10275411.jpg

これは少々短かったのですが(汗)、出来れば15分は落ち着かせてから、繊維に対して直角にスライスします。 これでお箸でも頂けます!
e0177330_1030635.jpg

マリネしてありますので、塩胡椒だけで充分美味しいですが、和風に頂くのでしたら、大根おろしも(笑)! さて、和牛のフランクですが......凄く美味しかった(笑)。 V君など”またやろうね”なんて贅沢発言してましたが(汗)、リブを考えればこちらの方がややお得。 特別な機会でしたら、肉屋さんに予約して、和牛フランクというのも有りかなと思っています(笑)。
[PR]
by noreservation | 2014-06-18 10:34 | cuisine | Comments(0)

チョバンサラタス

これはトルコのお料理で、刻みサラダという感じでしょうか? 古代ローマ帝国派生のお料理というのは地中海から東欧全域に広がっていて、各地で少しずつ形を変えつつも、ルーツはここにあり、という歴史を感じます。
e0177330_9585380.jpg
 
材料は湯剥きして角切りにしたトマトとキュウリ、みじん切りの紫玉葱とミント、レモン汁、ワインヴィネガー、オリーブオイル少々で和えたもの。 さっぱりとして肉料理にも合います。 

これとギリシャ風サラダは親戚ですね(笑)。 スペインの刻みサラダもこの辺にルーツがありそうです。 
[PR]
by noreservation | 2014-06-17 10:04 | cuisine | Comments(0)

苺のショートケーキ

これは父の日の主人のリクエストで、毎度お馴染みの苺のショートケーキです(笑)。 オンタリオ州の苺は今が旬で、じゅわっと美味しいローカルの苺がマーケットに出回り始めています! 
e0177330_635131.jpg

生地はロールケーキの生地で、別立てのスポンジです。 平たい生地を3等分してレイヤーに重ねていきます。
e0177330_664716.jpg

脇から見るとこんな感じ。
e0177330_681688.jpg

デコレーションはどんなでもそれなりに可愛くなるのが苺です(笑)。 今風のシンプルな仕上がりでも、昭和レトロ風に絞り袋でお化粧しても華やか♪
[PR]
by noreservation | 2014-06-16 06:12 | cuisine | Comments(0)

タンドーリチキンとナン

本格的なタンドーリチキンは釜が必要ですが、これは簡易に鶏のドラムスティックをタンドーリスパイスとヨーグルトでマリネして、オーブンでローストしたもの。
e0177330_1051334.jpg

夏になるとこういうスパイスの効いたお味が美味しい♪
e0177330_10535052.jpg

折角ですので、ナンも焼きました(笑)。 これも生地にヨーグルトが入っています。 例の穴空きパンを使って、オーブンの下段で強火で焼き上げます。
e0177330_10561248.jpg

肉や魚等は調理するつもりで買っておいても、予定が変わったりなどして調理が持ち越しになる事があります。 そんな時、さっとマリネしておくと劣化を防げますし、むしろ美味しい♪
[PR]
by noreservation | 2014-06-14 10:56 | cuisine | Comments(0)