<   2014年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

苺ショートのデコレーション

オンタリオ州の苺、少々硬めになってきた気はしますが、まだまだ頑張っています♪ 苺狩りに出掛けた頃はまだ実も小さくて固かったラズベリーが今の旬! 

名残の苺で、ショートケーキを作りましたが、これは簡単で可愛いデコレーション! フランスのパティシエ、ミシャラク氏のサイトでみつけたアイディアです。 ミシャラクさんのケーキはそれは美しくて、とても同じようにはいきませんが(ケーキクラスをなさっているけど....!)......
e0177330_937024.jpg

生地はロールケーキの生地で、いわゆる卵の別立てのスポンジです。 日本人にはしっとりと仕上がる別立てが口に合うようですが、共立ての方がシロップを良く吸いますので、シロップに一工夫したい時は共立てで。 
e0177330_9392755.jpg

仕上げは4つ割にした苺を花びら風に広げてケーキにセットし、中央にラズベリーを飾ります。 ラズベリーの内側の穴に苺かラズベリーにジャムを差してキラキラ感を! 
[PR]
by noreservation | 2014-07-31 09:43 | cuisine | Comments(0)

太陽のグラタン

ズッキーニに少し遅れて茄子とトマトが出回り出すと、作ってみたくなるのがコレです♪ 
e0177330_6233633.jpg

輪切りにしたズッキーニと茄子は水に晒して灰汁抜きをして準備。 トマトは輪切りに。 玉葱とニンニクのみじん切りを炒めて、そこにお米を入れて炒め合わせておきます。
e0177330_6254772.jpg

上下2層にしてお米を挟みます。 私はお米をふっくら仕上げたい方ですので、ここに水をコメと同量よりちょっと少ないくらい散らしておきます。
e0177330_6275775.jpg

アルミフォイルをかけてオーブンへ。 最後の10分くらいはフォイルを外します。
e0177330_6293299.jpg

これだけでも充分ボリュームがありますし、ソーセージなどの付け合わせでも!
[PR]
by noreservation | 2014-07-29 06:30 | cuisine | Comments(0)

梅のゼリー

日本で梅干しにする梅とは少々種類が違うと思うのですが、ファームマーケットで固めの黄梅が手に入りましたので、お砂糖と多めの水でコンポートにしてそのままゼリーに。 香り付けに去年漬けた梅酒を少々。
e0177330_10331953.jpg

梅の酸味というのは独特で、暑さや湿度でだるい時に身体がしゃんとする気がします。 そのままジュースのようにも頂けますが、ゼリーにするとすっきりした良いデザートに!

梅繋がりで(笑)、お結びを! 写真だと色が冴えないのですが、梅干しの副産物の赤梅酢で御飯に下味をつけていますので、ほんのりピンク(笑)♪ 暑い時期のお弁当に保存効果もあり、お味も爽やかです。
e0177330_10323984.jpg

[PR]
by noreservation | 2014-07-27 10:33 | cuisine | Comments(0)

サワーチェリー

さくらんぼの一種ですが、日本では余り見掛けない様な気がしますが、最近はどうでしょうか? 実は小さめでガーネットのような透明感があり、汁気たっぷりの美味しい種類です。 ビング種などに較べると酸っぱくて甘味に欠けますが、ジューシー感は一番♪
e0177330_12362238.jpg

この酸味のあるチェリーでクラフティーを作ると一段と美味しいです!
e0177330_12384390.jpg

e0177330_12384890.jpg

これは私のお遊び(笑)♪ シュー皮を焼いてましたので、硬めのカスタードにチェリーを混ぜ込んで....
e0177330_1241251.jpg

残った分はジャムに。 これはブラックフォレストケーキ用(笑)!
[PR]
by noreservation | 2014-07-24 12:42 | cuisine | Comments(0)

マケドニア風豆のオーブン焼きとギリシャ風サラダ

ダイエットを意識した食メニューというのも流行り廃りがありまして、蛋白質ばかりでダイエットが流行ったかと思えば、菜食や穀物、マクロバイオテック、ヴェーガンと多様なアイディアが出てまいります。 欧米の場合は宗教上の理由で、使えない素材もあったり。 一昔前(笑)と違って、豪華なリブローストではお客様の嗜好に対応出来なくなっている。 
e0177330_2205924.jpg

肉類のメニューを避けたい場合、この豆料理はボリューム感があり、お薦めです。 みじん切りにして炒めた玉葱とニンニクに茹でた白豆(カンノーリなど)を合わせ、ミントとイタリアンパセリのみじん切りと半ガリア製パプリカを加えて味を整えます。 オーブン皿に移して、スライスしたトマトを並べ、オーブンで1時間半くらい焼きます。 
e0177330_2263873.jpg

トマトとキュウリ、オリーブ、紫玉葱、フェタチーズを合わせたギリシャ風サラダと一緒に! マケドニアの建国記念日に頂くお料理だそうです。
[PR]
by noreservation | 2014-07-22 22:08 | cuisine | Comments(0)

子牛のカツレツ

これは中央ヨーロッパの国の国民食で広く好まれている調理の仕方です。 これが伝わって日本のトンカツになったと思うのですが、仕上がりも調理もやや質が異なります。

脂身の少ない薄切りの子牛肉か豚肉をさらに薄く叩いてから塩胡椒、小麦粉、溶き卵、パン粉で衣をつけますが、パン粉は極細かく挽いたものを(私は日本風のパン粉を擂り鉢でざざっと挽いて使っています)。 これがトンカツとの大きな違いで、トンカツのサクッした感じはありませんが、カリッとして軽い仕上がり。 調理も多めの油で揚げ焼き、大量の油で揚げる揚げ物とは質が違います。
e0177330_914341.jpg

フライパンでささっと仕上がりますので、調理時間も短く、揚げ物よりは少ない脂でヘルシー♪ 西洋風の趣のこれも美味しいと思います!
[PR]
by noreservation | 2014-07-21 09:16 | cuisine | Comments(0)

鯖のオーブン焼き

トロントで生活してみて驚いた事ですが(笑)、ノヴァスコシア州で鯖が捕れる為か、トロントの魚屋さんには鯖が普通に置いてある事(笑)! アメリカですと、鯖の様な骨のある魚は本格的な魚屋さんでないと手に入らないものですが。
e0177330_7372192.jpg

骨を鋤いてから塩で暫く〆ます。 水気が出ますのでペーパータオルで拭き取ってから、皮側に包丁で切り目を入れて、柑橘系の皮を挟み込みます。 これはレモンですが、オレンジも中々美味しい! 柚子なら最高ですね(笑)。 400℉のオーブンの上段で焼きます。
e0177330_7414557.jpg

大根おろしとお醤油で! 

夏のトロントは日が長いのでベランダのテーブルで夕飯を頂くのが常ですが、今年は肌寒いような日も多くて、中々丁度良い日に当たりません。 この日は風がない、夏らしい日でしたので....
e0177330_7451345.jpg

[PR]
by noreservation | 2014-07-18 07:45 | cuisine | Comments(0)

ティーサンドイッチ

アフタヌーンティーは、ゆったりした午後に美味しいお茶とスナックというのが乙女心をそそるのでしょうか(笑)、女性には絶大な人気♪ ホテルなんかでは工夫を凝らした殆どお食事の様な豪華な仕様もありますが、家ではシンプルに(笑)。 

お茶に合わせるサンドイッチは薄めに、小さめに一口で頂けるくらいが調度良いサイズ。
e0177330_11362395.jpg

ティーサンドイッチの場合、具は薄めに、その分、バターなどに凝ると変化がつけられます。 これはスモークサーモンには刻んだケイパーとレモン汁を混ぜ込んだパター、ローストポークにはバターに柚胡椒を混ぜたもの、キュウリにはディルを散らしてあります。 
e0177330_114022.jpg

スコーンにクロテッドクリームとジャム、サンドイッチ、クッキーを少々とこの日はお菓子はプリンで軽めにしました! 
[PR]
by noreservation | 2014-07-16 11:42 | cuisine | Comments(0)

焼豚二種

V君はこの夏は2週間のお泊まりキャンプへ。 男子8人一組のキャビン生活を送っていますが、カヌーで移動してテントで寝泊まりのイベントもあったようで、蚊に刺されて大変だったらしい(笑)。 私はといえば、我が家のバキューム少年がいない生活に慣れないまま、冷蔵庫の減らない食材にアワアワする始末。 慣れた頃には彼は帰って来るのですが(笑)。
e0177330_3511617.jpg

味噌漬けにしておいた豚肉です。 ローストした日はこのままで。 手前のは香菜の茎だけを炒めてお酒少々と塩こしょうで味付けしたもの。 茎の部分も中々美味しいです。 普段でしたら、このくらいは残さず食べられる量ですが、さすがにV君がいないと半分でよかった....。
e0177330_3551254.jpg

これは翌々日のメニュー(笑)。 ローストポークは冷凍してしまえばいくらでも使い回し出来ますが、この日は薄切りにしてたれを添えました。 このたれですが、おろし生姜、おろしにんにく少々、リンゴの擂りおろし、オレンジ果汁少々、米酢、お醤油にオリーブオイルです。 海老やイカなどにも合います。 
[PR]
by noreservation | 2014-07-16 03:58 | cuisine | Comments(0)

夏野菜と鶏腿肉の煮込み oishii

これはいわゆるラタトイーユに鶏の腿肉を一緒に煮込んで、おかず風に仕上げたものです。 トマト、ズッキーニ、ベルペパーを水分を加えずに野菜の水気だけで煮込みます。
e0177330_10425748.jpg

最初にオリーブオイルで玉葱とニンニクを炒めます。 鶏の腿肉を加えて炒め合わせ、下準備した(トマトは湯剥き、ズッキーニは灰汁を抜くなど)野菜を加えたら弱火にして蓋をかけ、ジンワリと煮込みます。 あればオレガノなんか良く合います。
e0177330_10453264.jpg

野菜からびっくりするくらい水分が出てきます。 これとパスタも美味しい♪
[PR]
by noreservation | 2014-07-14 10:49 | cuisine | Comments(0)